「お前の羽根と同じさ……ムリはオレの必殺技だ!」『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」感想




広告

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『弱虫ペダル NEW GENERATION』感想記事-まとめ-

2017.05.23

RIDE.24「雑草の走り」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

山岳賞を狙う真波を追って、つづら折りが続くいろは坂を必死に登る手嶋。そんな手嶋の平凡な走りから真波は彼に対して興味を持てなかったが、手嶋は何度引き離されても執念の走りで食らいつく!その姿を目の当たりにした真波は、それに応えるかのように温存していた力を発揮し、全開で加速していく。意識が飛んで挫けそうになっても踏みとどまり、手嶋は限界の力を振り絞る!

「オレは……オレは自転車が好きなんだ!」

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

手嶋「真波山岳!お前と勝負して、1日目、この山の山岳ゼッケン獲んのがオレの役目だ!」

真波「少し興味出てきました」

RIDE.22の続きから始まりましたRIDE.24「雑草の走り」です。

いろは坂のつづら折りを登っていく手嶋と真波。

余談ですがつづら折りといえば、ツール・ド・フランスの後半戦でもラルプ・デュエズというつづら折りの名所があります。

向かい風の中登っていく二人。

真波「この先のカーブ曲がったら前に出ます。風向き逆になるんで!」

手嶋「追い風に!?」

つづら折りになっているので、向かい風の中登り、カーブを曲がると、今度は追い風になるわけですね。切れ者の手嶋にしては気づくのが遅かったですね。

予告通りカーブを曲がり羽根を出し加速する真波。

真波「オレ、生きてるって感じする……気持ちイイ!!」

と、余裕の笑顔で抜き去る真波です。

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

その頃、補給先へと向かうバンにいるサポート部員たちは真波相手に坂道ではなく手嶋が出たことを知り、車内は重い空気になります。

そんな中、杉元ただ一人が「僕は諦めてないですよ!」と声を上げます。

杉元「真波なんてちょっと速いだけのヤツでしょ?箱学がなんですか!僕らもたくさん練習してますよ!手嶋さんはいつも当たり前のことを言うんです……」

回想の杉元と手嶋。手嶋は「ペダルにムダな力かけるな」、「階段は一歩一歩登った方が結果的に早く着くんだぞ」と杉元に声を掛けています。

杉元「知ってるんです!当たり前なんです!僕も知ってる……。だけど、その当たり前を一つ一つ実践していく人なんです」

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

手嶋「キツいときこそペダリングをブラすな……。オレは平凡な男……パワーもない、ひらめきもない、だから全部の力を推進力に変えなきゃならないんだ……。大事なのは基礎だ、その上に全て立ってる。もし追いつかれたら、最悪だよ。っていうか抜かれたけど……。また追いつくのに大変な思いしなくちゃならない」

こうして一度はちぎられた手嶋は再び真波に追いつきます。

真波「さっき抜かれて心折れたのかと……ムリして着いてこなくてもいいのに」

手嶋「お前の羽根と同じさ……ムリはオレの必殺技だ!」

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

そんな手嶋に「じゃあここからオレも……全開でいきます!」という真波。

全力で登っていく真波に必死で着いて行く手嶋。

手嶋「速ぇー!キツい……全身の毛穴から血が出そうだ……。耐えろ……耐えろ……ッ!この全開はオレを完全に引き離す走りだ!ここで離されたら終いだ!耐えろォ!!速い、速ぇよ真波……これが箱根学園、エースクライマーの全開……ッ!

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

手嶋の回想。

授業中にゴミ箱に向かってゴミを放り投げてシュートしたのが入ったとき、隣の平田という女子がウケてたこと。一日の終わりに「練習終わって、風呂入って、飯食って、ベッドに倒れ込む瞬間がたまんねぇ」、「布団気持ちいい……」ということを思い出します。

「布団最高……」と言いながら実際に倒れそうになっている手嶋。転倒スレスレのところで意識を取り戻し態勢を立て直します。

手嶋「って、何やってんだよ手嶋純太!レース中だろぉ!!」

ギャラリーがいうには手嶋は一瞬気絶したようです。そんなにキツいのですね……。

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

手嶋「切らすなっつっただろ!集中力ッ!」

と必死に真波を追う手嶋。そんな手嶋を真波は「辛そう……良いなぁ手嶋さんは……これくらいでも生きてるって感じられるんでしょ?」と言います。

「死んでる感じしかしねぇーよ!」と言い返す手嶋。

真波「何か楽しくなってきますね、手嶋さん!」

手嶋「集中力上げてきたんじゃねぇか真波!お前も!」

真波「上げてますよ!こんなに楽しくなるとは思いませんでした!今日の山岳が!限界、なのに着いてくる!ハデでもない!強くもない!」

手嶋「ほっとけよ!」

『弱虫ペダル NEW GENERATION』RIDE.24「雑草の走り」より ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会

真波は「けどいつも一個の答えに行き着くんだ」と手嶋が言っていたその一個の答えとは何かと聞きます。

手嶋「ちげーよ、そんなんじゃ……もっとシンプルだよ。オレは……オレは自転車が好きなんだ!ふん、いつもそこに行き着く……だから乗る!追う!回す!助け合う!奇跡を信じる!(中略)」

真波「坂道くん来るっていう作戦ですか?それで山獲るつもりですか!?」

手嶋「こんなオレに……1個くらい1番があってもいいんじゃないかって……実はひそかに思ってる!」

次のページに続きます。





広告




広告