『宇宙よりも遠い場所』STAGE06「ようこそドリアンショーへ」感想




広告

2018年冬アニメ『宇宙よりも遠い場所』STAGE06「ようこそドリアンショーへ」を見ました。

STAGE06「ようこそドリアンショーへ」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

七神屋ペンギン饅頭号として生まれ変わった南極観測船に乗り込むのはオーストラリアのパース近郊にあるフリーマントルから。日本からフリーマントルに向かうために旅立ったキマリたちは、乗り換えのためにシンガポールに降り立つ。出発までの時間を使ってシンガポール観光を楽しむキマリたちだったが、日向の様子がおかしいことに気がついた結月は、何か隠し事をしているのではないかと問い詰める。

「日向さん?何か隠してますよね?」

『宇宙よりも遠い場所』STAGE06「ようこそドリアンショーへ」 ©YORIMOI PARTNERS

キマリたちは飛行機の乗り換えのためシンガポールに降り立ちます。行ってみたいなシンガポール!

芸能活動で海外慣れしている結月をのぞいて、各々ホテルに着くまでに勝手に買い物したり観光したりとはしゃいでいます。

ホテルの部屋はダブルベッド二部屋、寝相の悪いキマリの隣はイヤだとジャンケンが始まります。負けてしまったのは結月。キマリと結月、報瀬と日向に部屋が分かれます。出かける前に貴重品を金庫に入れるようにいう日向、「日本円と航空券と……あれ?」という日向。「どうかした?」と聞く報瀬に「あ?いや?」とごまかす日向。

観光をするキマリたち。マーライオンを見たりご飯を食べたりして夜になります。ドリアンアイスを食べて騒いでるキマリと報瀬、二人になった結月と日向。日向は結月に「ゆづさぁ、入国審査のときパスポート出したよね?今持ってるよな?」と聞きます。「もちろん、ここに」とカバンを叩きながら答える結月。「だよね」という日向。

世界一高い場所にあるプールを持つ総合リゾートホテル、マリーナベイ・サンズの屋上にある空中庭園サンズ・スカイパークからシンガポールの夜景を見るキマリたち。しかしなんだか様子のおかしい日向、結月がそれに気づき「日向さん?何か隠してますよね?」と問い詰めます。

次のページに続きます。





広告




広告