『月がきれい』感想記事-まとめ-

月がきれい よりタイトルロゴ




広告

以下に、2017年春アニメ『月がきれい』の感想を書いた記事をまとめました。

第1話感想

「学校では言わないで……恥ずかしい」『月がきれい』第1話「春と修羅」感想

2017.04.10

第1話「春と修羅」の感想です。中学3年になった春、たまたまファミレスで会ったり、体育祭の用具係として同じ係になった小太郎と茜。まだなんとなく目で追ってしまう相手、という感じでした。

第2話感想

「水野さんは、そのままで……良いと……思う」『月がきれい』第2話「一握の砂」感想

2017.04.21

第2話「一握の砂」の感想です。体育祭の当日のお話。茜がなくしたイモのマスコットを必死に探す小太郎。自分をダメダメという茜に「水野さんは、そのままで……良いと……思う」という小太郎は男前でした。

第3話感想

「つき……」「え?月?」『月がきれい』第3話「月に吠える」感想

2017.04.26

第3話「月に吠える」の感想です。陸上の大会の予選会の後、神社にいる小太郎のところにやってきた茜。その茜にまさかの告白をする小太郎でした。

第4話感想

「よかったら明日土井丸百貨店前に12時」『月がきれい』第4話「通り雨」感想

2017.05.02

第4話「通り雨」の感想です。修学旅行回です。自由行動で小太郎は茜を誘おうとしているのですが、誘っている途中で先生にスマホを没収されてしまいます。

第5話感想

「私と安曇くん、付き合い始めました」『月がきれい』第5話「こころ」感想

2017.05.08

第5話「こころ」の感想です。付き合い始めた小太郎と茜ですが、学校ではなかなか話をすることもできませんでした。そんな小太郎に協力をしてくれる大輔さんが素敵です。

第6話感想

「人間は恋と革命のために生まれてきたのだ」『月がきれい』第6話「走れメロス」感想

2017.05.17

第6話「走れメロス」の感想です。小太郎のことが好きになったという千夏。そのことで思い悩み、陸上の大会で思うような記録が出なかった茜でした。

第7話感想

「また来よう」「二人で」『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」感想

2017.05.31

第7話「惜しみなく愛は奪う」の感想です。千夏の誘いで遊園地でグループデートをすることになりました。茜を連れ出した比良に小太郎は、自分と茜は付き合っているとバラします。

第8話感想

「ずっと一緒にいられますように」『月がきれい』第8話「ヰタ・セクスアリス」感想

2017.06.07

第8話「ヰタ・セクスアリス」の感想です。夏休みの登校日と、その夜、川越氷川神社の縁むすび風鈴を見に行くお話です。

第9話感想

「俺は……まだ勝負すらしてないし」『月がきれい』第9話「風立ちぬ」感想

2017.06.14

第9話「風立ちぬ」の感想です。進路に悩む小太郎。茜は中学生活最後の大会に出ます。そして茜は父の仕事の都合で引っ越しをするかも知れない、と小太郎に告げました。

第10話感想

「ずっと一緒にいたいし、本気だから」『月がきれい』第10話「斜陽」感想

2017.06.22

第10話「斜陽」の感想です。川越まつりの当日、小太郎は比良と茜が二人でいるところを見てしまい、茜に不機嫌そうに接してしまいます。些細なことで言い合いになり初めてケンカをしていまいました。

第11話感想

「太宰は言った、私は、信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。」『月がきれい』第11話「学問のすすめ」感想

2017.06.30

第11話「学問のすすめ」の感想です。学校の三者面談で光明高校が第一志望だということを初めて母に告げた小太郎。当然反対されますが、小太郎は成績を上げて反対する母を見返したいとがんばるのでした。

第12話感想

「大好きだ!」『月がきれい』第12話「それから」感想

2017.07.11

第12話「それから」の感想です。受験、そして卒業。募る不安に押しつぶされそうな茜。大輔に経験は全部ネタになるから書いてみたら、と奨められ、また小説を書きネットにアップした小太郎。二人は一体どうなってしまうのでしょうか。

番外編

あのエピローグのLINEではどんな会話をしてたの?『月がきれい』感想、番外編。

2017.07.16

第12話「それから」のエピローグから、その各エピソードで表示されたLINEを読み、エピローグのストーリーを読み解くということをやってみました。





広告




広告