「また来よう」「二人で」『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」感想

月がきれい 第7話より「花火の下、見つめ合う小太郎と茜」




広告

2017年春アニメ『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『月がきれい』感想記事-まとめ-

2017.05.31

第7話「惜しみなく愛は奪う」

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

夏休み。期末試験も終え、千夏の誘いで同級生たちと遊園地へ。交際を明らかにしていない小太郎と茜がぎこちなく同行する中、小太郎への千夏のアプローチにやきもきする一方、茜は比良と一緒に皆からはぐれてしまう。

今回のサブタイトルは有島武郎の評論作品「惜みなく愛は奪う」です。不勉強で知らなかったので調べました!

同級生たちとグループデート

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

東京ドームシティでグループデートをする小太郎たち。

私は北海道の田舎暮らしなのですが、東京ドームシティは何度か行ったことがあります。奥さんに連れられてシアターGロッソというところで行われる戦隊ショーを見に行きました。私も妻も戦隊好きなんです。シアターGロッソは戦隊ヒーローショーの準専用劇場、ということもあって、ここで行われる戦隊のヒーローショーはとにかくスゴいんです!

おっと、話が大幅に脱線しました。アトラクションとかは実際にあるものが出てきますが、さすがにシアターGロッソは出てきません。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

初めは千夏が遊園地のタダ券があるから一緒に行こうと茜を誘います。「安曇くんも誘うね。比良も呼んで4人で」という千夏。この誘い方……なんかもう、バッチリと作戦を立てた、そんな感じですね。

小太郎を誘いに行くと、一緒にいたろまんが「行く行く!」と言います。千夏はチケットが足りないと言いますが、「割り勘でいいいじゃん」と言って引きません。このとき大地も誘われますが、大地は部活の練習試合があって行けませんでした。

そして茜がクラスで仲良くしている、心咲、節子、美羽にも誘いがいきます。が、美羽は「その日ハワイ」と言っているので家族旅行なんでしょう。そして節子は彼氏である「永原たちも誘ってみる」と言います。そのグループから永原、金子がきて、合計9人によるグループデート、となったようです。

いいねぇ、グループデートなんて……青春だねぇ(オッサン感)。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

ジェットコースター(サンダードルフィン)に並ぶ一行。千夏は積極的に「安曇くん一緒に乗ろう」と誘います。やはりこのグループデートに勝負を賭けてますね……。そしてジェットコースターに乗ったときの表情。千夏はスゴく嬉しそう、茜はどことなくしょんぼりしています。

しょんぼりしている……のかと思いきや、茜はジェットコースターが苦手なようです。茜の隣で楽しそうにする比良にやきもきする小太郎です。

千夏に「安曇くん、こういうの平気な人?」と聞かれ「あぁ、全然」と答えていましたが、実際はジェットコースターでもこのやきもきとした表情で、後ろを気にしています。ジェットコースター平気な人のようです。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

ジェットコースターが苦手な茜は、降りるときに転んでしまいます。その転んだ茜に手を貸し、手を繋いで降りた比良。それを見ていた小太郎はやきもきとします。

さらにお土産物屋で、比良と同じ帽子を茜に被せ記念写真を撮る心咲と咲子。二人は茜と小太郎のことを知らないし、その上比良が茜に気があるのは知れ渡っていることです。なので、こういう場で自然と茜と比良を……という空気になるのは仕方がないことです。そしてまたやきもきする小太郎。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

自由すぎるろまんを探して歩き回る小太郎。一人で探す小太郎の元へ千夏がやってきます。千夏は先ほどのジェットコースターで撮られていた写真を小太郎に見せます。

あれ?この物語2016年が舞台なんですね……。ってことは話の終わりは現在になるのでしょうか?2017年の二人……。

おっと、今ここでこの物語の終わりを想像するのは野暮ってもんですから、この辺で止めておきます。

二人とも変な顔で写っている写真ですが、千夏は「記念になるかなぁと思って」と言います。こんな写真でも欲しい、というところに千夏のこのグループデートに賭ける思いみたいのが伝わってきます。

「西尾さんも目つぶってるし」という小太郎に「千夏でいいよ」と言う千夏。この年頃の男子、特に小太郎のような性格の子に女子を名前で呼ぶというのは非常にハードルが高いです。そして妙にドキドキするものなんですよね。やはり千夏、策士ですね……。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

案の定照れまくる小太郎。

「わたしも『こた』って呼んでいい?」という千夏。こた、はろまんが小太郎を呼ぶときの呼び方ですね。「こたー、こたこたこたー」と連呼する千夏。がんばって小太郎も小声で「ちな…つ…」と言いますが「聞こえないよー」ともっと千夏にいじられることに……。そしてそこにやってくる茜。やっぱりやきもきしてしまいます。

『月がきれい』第7話「惜しみなく愛は奪う」より ©2017「月がきれい」製作委員会

ろまんからのLINEで、ろまんが救護室にいることを知った小太郎。

へぇー!東京ドームシティの救護室ってこんな風になってるんですねぇ!と感心してしまいました。

ろまんは熱中症で救護室に連れてこられたようです。大事じゃなくて良かった、と安心する小太郎。

救護室で盛大にため息をつく小太郎に、「どしたの?ああ、あれ……水野さん」とズバリ当ててみせるろまん。そして小太郎に「はぐれちゃえば?」とアドバイスを送ります。

茜を呼び出そうとしたろまん、スマホのLINEを見ると、すでに茜と比良がはぐれた、とグループLINEが流れていました。ついに比良も動き始めたようです。

次のページに続きます。





広告




広告