[感想]『僕らが毎日やっている最強の読み方』




広告

東洋経済出報社から出ている池上彰・佐藤優共著『僕らがやっている最強の読み方』を読みました。池上彰氏と佐藤優氏の対談形式で、新聞、雑誌、ネット、書籍のインプット技法について語られた書籍です。

内容

以下に目次を引用します。

目次

序章 僕らが毎日やっている「読み方」を公開

第1章 僕らの新聞の読み方――どの新聞を、どう読むか。全国紙から地方紙まで
 【コラム1】海外紙・夕刊紙・スポーツ紙の読み方
第2章 僕らの雑誌の読み方――週刊誌、月刊誌からビジネス誌、専門誌まで
 【コラム2】海外雑誌の読み方
第3章 僕らのネットの使い方――上級者のメディアをどう使いこなすか
 【コラム3】テレビ・映画・ドラマの見方、使い方
第4章 僕らの書籍の読み方――速読、多読から難解な本、入門書の読み方まで
 【コラム4】ミステリー・SF小説の読み方
第5章 僕らの教科書・学習参考書の使い方――基礎知識をいっきに強化する
 【コラム5】海外の教科書と「スタディサプリ」の使い方

【特別付録1】「人から情報を得る」7つの極意
【特別付録2】本書に登場する「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」「映画・ドラマ」リスト
【特別付録3】池上×佐藤式 70+7の極意を一挙公開!

学んだこと

「新聞」の読み方

  • 第一次情報(ソース)は新聞ということはまだまだ多い、「世の中を知る」ツールとしては最適である。

  • 新聞社ごとのバイアスにより扱うニュース扱わないニュースもある、1紙だけでは不十分、最低2紙読むべき。

  • エリート層の多くが朝日新聞を読んでいる。論調がキライでも『朝日新聞デジタル』はチェックした方が良い。

  • 読み方、朝見出しをざっと見る。気になった記事は夜に時間を取りじっくり読む。(池上流)

「雑誌」の読み方

  • 雑誌は「興味、感心、視野を広げる」のに役に立つ。

  • 週刊誌は世の中の雰囲気や流行をつかむのに便利であるが、情報の真偽がわからない。

  • 経済・ビジネス誌は特集の情報が書籍よりも早いので初動で要点を抑えるのに便利である。

  • 月刊誌は論壇カタログ。書籍化を前提とした「生産誌」である。

  • 国際情報誌は『フォーリンアフェアーズリポート』がオススメである。

「ネット」の読み方

  • 情報の選別に高い知識とスキルが必要、効率が悪い。

  • 調べ物はネットより辞書や辞典の方が良い、ウィキペディアはあてにならない。

  • ネットの価値は「まとめ」より「原文」にある。

  • NHKオンライン』はニュースをまとめてチェックするのに便利。

  • ジャパンナレッジ』は『日本大百科全書』や『世界大百科事典』がネットで使える(有料)。

「書籍」の読み方

  • 良い『基本書』を読み基礎知識を身につける。

  • 良い本に出会うコツは「たくさん買う」こと。本は「迷ったら買う」が原則、本は費用対効果が高い。

  • 優れた『古典』で論理的な思考力を身につけることができる。

  • 『通俗化された良書』は時間の節約になる。

    通俗化=入門書のような難しい内容を分かりやすく解説したもの。

「教科書・学習参考書」の読み方

  • 基礎知識の強化に小中学校の教科書は最適。

  • ニュースの基礎知識は中学公民の教科書が良い。

  • 世界史A、日本史Aで歴史の基本と大まかな流れが一気に分かる。

  • 英語学習には「モチベーション」「時間」「お金」が必要。

  • 擬古文(近代文語文)を学ぶと戦前の資料も難なく読める。

  • 現代文の教科書、参考書で読解力、論理的思考力を一気に鍛えられる。

私もぜひ知的生産性を高めたい

本書より私が「これは良いことを学んだ」と思ったことを上にまとめました。

池上彰氏、佐藤優氏の「知の源泉を明らかに!」との言葉通り、お二人が何をどのようにインプットしているのかが詳細に書かれています。

私はこの本を読み、限られた時間で効率よくインプットする方法を考えるのに非常に役に立つと思いました。

それとお二人がインプットしているものを知ることで、自分ももう少し質の良いインプットが出来るかも知れない、とも思いました。平たく言うと、「ぜひ真似したい」と思うことがたくさん載っていました。

特に教科書の使い方でそれを感じました。自分が勉強不足だなぁと思うことは日常多々あるのですが、教科書を買って勉強し直すという発想には至っていませんでした。

これからどんな本を読めば勉強になるだろうか、と悩んだときに参考になる一冊でした。





広告




広告