「ところで肝心のビネガーはぶっちゃけ強いのか?」『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」感想

スナックワールド 第19話より「キングオイスターシティではしゃぐチャップ」




広告

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『スナックワールド』感想記事-まとめ-

2017.05.20

第19話「チャップ、新天地へ」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

大陸横断鉄道の特別乗車券を手に入れることができたチャップたちは、いよいよビネガーのいるキングオイスターシティへ向かう。
電車の中では、ヴィンサントの目的やビネガーの元にいた理由、ビネガーに対抗するための方法を聞かされる。魔障壁を越え、キングオイスターシティに到着したチャップたちは、ヴィンサントの手引きで、街での新しい拠点となる宿屋「ホテル・ハバネロ」へ案内される。そこには、アヤしい支配人のブイヨンやバニー姿の従業員バニラなど、新たな出会いが待っていた。

「スーパーグレートドラゴンナイトにオレはなる!」

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

ビネガーパレス・地下研究室の様子です。スカードンの復活のための研究が行われているようです。

研究員「スカードンの力は我々の予想を遙かに上回っていました。どこまで大きくなるのか計り知れません。これを制御し操るとなると相当のマナの蓄積が必要となります」

ビネガー「私は待つのが嫌いなのですよ。今すぐスカードンを復活させたらどうなるのですか?」

研究員「世界を滅ぼす力を持った野獣を野に放つことになります。そうなれば我が社も大損害を被ることになるかと……」

スカードンの復活にはまだ少しの猶予がある、といった感じでしょうか。

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

駅で大陸横断鉄道を見ているチャップたち。いよいよキングオイスターシティに向けて出発するようです。

チャップ「お別れですね、メローラ姫。ですが、いつか必ず目的を果たし、あなたの下へと戻って来ます。待っていて下さい……」

そして開始3分でエンディングっぽくなります。が、マヨネのツッコミで阻止されます。危ない危ない。

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

「これから行くキングオイスターシティはフレンチトースターに比べたらすごく危険な町なのよ。ちゃんと前準備しておかないと!」というマヨネ。どうやら説明の時間のようです。

キングオイスターシティは特別な結界の影響でずっと夜であること、それはビネガーが太陽エネルギーを吸い取って工場の電力としていることが説明されます。

そして「お前とメローラ姫はどういう関係だ!?」とチャップはヴィンサントを問い詰めます。この辺からは人物の背景や相関関係の説明でしょうか。

「実は私は、ビネガーに滅ぼされたチャップの村、ホイップソンの出身なのだ」とヴィンサントは言います。

ヴィンサント「ビネガーが襲ってきた日、私たちはヤツらと戦った。しかしヤツらの操るドラゴンの力は強大だった。村の戦士たちは全員やられた、私一人を残して……」

その話を聞いたチャップ、「ちょっと待て、オレはお前なんか見たことないぞ」と言います。「ムリもない、村で選ばれたドラゴンナイト候補生は小さい頃からドラゴンの谷に修行に行っていたからな」というヴィンサント。ホイップソンという村は伝説で語られるドラゴンの血を引いた一族の村なのだそうです。

「なんでも村人はドラゴンの血を引いており強大なドラゴンの力を操れる一族らしいのぉ」と補足するゴブさん。

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

ヴィンサント「しかし我が一族は長い年月の中でその力の使い方を忘れてしまっていた。そこで覚醒の可能性のある者たちは古来の戦闘の技術を受け継ぐドラゴン少林寺に送られ修行を重ねていたのだ……」

ドラゴン少林寺って……これ完全に映画の『少林寺(Wikipedia)』じゃないですか!もう35年も前の映画なんですねぇ。すでにオッサンオバサンしか知らないネタですね。

「家族を殺されたのは私も同じだ。だから私は誓ったのだ、伝説の最強戦士ドラゴンナイトになってビネガーを倒すと……」とヴィンサントは言います。

チャップは負けじと「お前がドラゴンナイトになるなら、オレは!スーパーグレートドラゴンナイトにオレはなる!」と張り合います。

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

その言葉にヴィンサントはドラゴン和尚にドラゴンナイトになりたいと告げた日を思い出します。

「ドラゴンナイトになりたいじゃと?ムリじゃな」と答えるドラゴン和尚。「確かにお前は良いものを持っている。しかし決定的に足りないものがある」とドラゴン和尚に言われていたヴィンサント。

ドラゴン和尚「荒ぶるドラゴンの力を制御し、飲み込まれぬようにするために必要なもの!それはまことの人たる心、すなわちピュアなる力じゃ」

ヴィンサント「ピュア?それがどんなものであれ私は必ず会得してご覧に入れます」

ドラゴン和尚「へっへっへ、ならばやってみるがよい。努力家のお前ならばあるいは……」

ヴィンサント「私はドラゴンナイトとなり必ずやビネガーを!」

ドラゴン和尚「おごるでない!お前にビネガーは倒せんよ……」

ヴィンサント「え?なぜです?」

ドラゴン和尚「お前には倒せん、なぜなら……」

会話はここまでですが、ドラゴン和尚が何かを伝えショックを受けるヴィンサント。

ビネガーの見た目はあんなですがただ者ではない、ということでしょうか。

『スナックワールド』第19話「チャップ、新天地へ」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

ヴィンサントは戦闘のあと、帰るアテもなくさまよいたどり着いたのがフレンチトースターでそこで姫に救われたことを話します。

チャップは「じゃあオレと同じだ!」と言いますが、チャップはドラゴンに助けられてました。ヴィンサントは「自分の力である王国に行き着いた」と言います。

そしてヴィンサントは、王国に自分がいてはいずれビネガーに目を付けられてしまうかも知れない、と回復してすぐに去ったのだそうです。

ヴィンサントは「盗まれたドラゴンハートには、スカードンを甦らせることができると共に、ドラゴンナイトの力を覚醒させる効果もあるのだ」と説明します。

「つまりドラゴンハートを手に入れたものがこの戦いに勝てるっていうワケね」とマヨネ。

スカードンの復活にはマナの蓄積が必要であり、それにはまだ時間がかかる、その間にドラゴンハートを取り戻せば良い、ということが説明されます。

次のページに続きます。





広告




広告