「いっけぇ!ブタ子!」『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」感想

スナックワールド 第13話より「ナイフを構えるブタ子」




広告

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります

『スナックワールド』感想記事-まとめ-

2017.05.20

第13話「ブタ子、買います」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

病状が変わらないメローラ姫のために、 再びフェニックスに挑まなければならないチャップたちは、フェニックスの使う「幻夢」の術をどうしたらいいのだろう?と悩む。
こうなったら戦闘のプロに聞こう!ということで、シンデレラ隊長の元へ相談に行く。そこで、チャップたちは心と体を空っぽにするためのある訓練を受ける… 。
訓練を経て、再びフェニックスの元にやってきたチャップたち。さっそく「幻夢」の術を使ってきたフェニックスに対して、特訓の成果を試すものの、また幻夢の中にいるチャップたち。どうやら特訓を受けなかったブタ子の幻夢の中に来てしまったようだ。

「全身の力を抜くんだ、そして記憶も感情も消し去れ!ナメクジのようになるんだ!」

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

フェニックスを倒せなかったことを王様に報告するチャップ。「それよりメローラ姫の病気は大丈夫なんでしょうか?」と王様に尋ねるチャップ。大丈夫に決まってるんですけどね……。

「一流の医師たちのお陰でなんとか安定を保ちつつ、一流エステティシャンの努力でお肌もぷるぷるに保っておる状況じゃ……」という王様。やっぱりメローラ姫、元気じゃないですか……、そりゃそうですね。

「ホントに不治の病なの?」と怒り出すマヨネ。マヨネの勘が正解なのですが……いつそれが判明するのでしょうね。

「とにかく未だに危険な状態であることに変わりない。一刻も早くフェニックスの不死身の力を手に入れなければ」という王様。「はい、それはもちろん!」と答えるチャップ。フェニックスは非常に手強い相手なので「できればもう一声」「追加でもらえません?強い武器」とおねだりをするマヨネ。

そんなわけでクランメタルナイフをもらったチャップたち。

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

「槍と盾に続いてナイフまでくれるなんて王様今回は本気ね」というマヨネ。とはいえチャップが槍をもらったのもあり、ナイフを装備する人がいない一行。「だったらワシにくれい」というゴブさん。

「ふふ、どうじゃ?」とポーズを取るゴブさんに、マヨネは「なんか人間襲って奪いましたって感じ」、ペペロンは「盗っ人感ハンパないでごわす」とそれぞれ感想を述べます。

「だったらこのナイフ、ブタ子にあげようよ!」「鼻の穴に差し込んで敵に突進していく!みたいな」というチャップ。ブタ子もブヒブヒと乗り気です。

「そんなことするよりブタ子が大きいドラゴンの姿になってフェニックスと戦うっていうのはどう?」というマヨネ。チャップは「それはダメ!ブタ子が大きいドラゴンになるにはものすごい体力がいるんだ、ここぞってときに取っておかないと!」と言います。

チャップはFFシリーズでいうとラストエリクサーとか使わないでクリアしちゃうタイプのようですね。マヨネは「ブタ子全然使えないじゃん」と言います。泣きながら飛び去るブタ子。

ブタ子使えないネタも久しぶりですね。

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

幻夢の術対策を練るために、戦闘のプロに相談に行くことにした一行。戦闘のプロとはもちろんシンデレラ隊長のことです。

「いいか!お前らは今から無になるんだ!」「心と体を空っぽにする!そうすれば過去の忌まわしい記憶を引き出されることもない!フェニックスの幻夢の術も通じない!」というシンデレラ隊長。

「どうやって空っぽにするんですか?」というチャップ、「全身の力を抜くんだ、そして記憶も感情も消し去れ!ナメクジのようになるんだ、やってみろ!」というシンデレラ隊長。ちなみにゴブさんは存在がナメクジのようなので何もしなくてもいいんだそうです。さすがゴブさん。

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

再びマカロマウンテンへ。前回はデスくんでしたが、今度はケサランパサランというモンスターが現れました。

「ちょうどいい!練習の成果を見せるぞ!みんなナメクジ!」と言ってナメクジになるチャップ、マヨネ、ペペロン。ケサランパサランは電撃攻撃のようなものを当ててきます。

「ナメクジ作戦が有効なのはフェニックスの幻夢のときだけじゃろうが!」とツッコむゴブさん。マヨネもボケにまわるのは珍しいですね、こういうときはゴブさんがツッコミです。

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

「王様からもらったナイフ、試してみる?」とフェニックス戦の前に試し斬りしようと提案するチャップ。マヨネがデカ化してクランメタルナイフを構えます。

するとケサランが「あなたってとってもキュートね、今まであった人間の中で一番かも(中略)あなたほどの美しさがあればアイドルデビューした方がいいと思うなぁ」と言って持ち上げます。「ちょっと考えちゃおうかなー」と言い出すマヨネ。

すると今度はパサランの方が「いやいやいや、何真に受けちゃってるの?お前みたいに中途半端な顔っつーかポジションのヤツが人生一番苦労すんだよ。(中略)調子こいてアイドルデビューでもしてみろ?自分が街にゴロゴロいる程度だって気づくだろーよ。断言してやる、握手会開いてもお前の前には誰一人として並ばねぇ」とたたき落とします。

絶望し膝から崩れ落ちるマヨネ。「はいーケサランパサラン!」とポーズを決めるケサランパサラン。

『スナックワールド』第13話「ブタ子、買います」より © LEVEL-5/スナックワールドプロジェク卜・テレビ東京

同様にペペロン、ゴブさんと次々に戦意を喪失していきます。そして「こうなったらオレが戦う!」というチャップ。

「君ってとっても」と言って近づいてきたケサランを「えい!」と槍でぶん殴るチャップ。「おいおい話を」と近づいてきたパサランを「あ、それ!」とたたき落とすチャップ。

全く聞く耳を持たないチャップ、さすがですね。

次のページに続きます。





広告




広告