『りゅうおうのおしごと!』第1局「押しかけ弟子」感想




広告

2018年冬アニメ『りゅうおうのおしごと!』第1局「押しかけ弟子」を見ました。

『りゅうおうのおしごと!』は2018年冬アニメの中でも放送前から期待していた作品の一つです。私、ライトノベルはアニメを見て気になった作品を買う、というのが基本スタイルなのですが、『りゅうおうのおしごと!』については原作既読です。

ちなみに最近アニメを見て原作を買った作品は『妹さえいればいい。』です。

第1話「押しかけ弟子」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

将棋界最高のタイトル「竜王」になった16歳の少年・九頭竜八一の家に、彼を「お師匠さま」と慕う9歳でJS(女子小学生)の雛鶴あいが押し掛けてきた!? 当初は追い返そうと考えるのだが、あいの中に才能の片鱗を感じた八一は、清滝師匠の進めもあって、ひとまず春休みの間と区切って彼女を内弟子に迎え入れることになる。こうして竜王・九頭竜八一とその弟子・雛鶴あいの物語が始まるのだった。

「約束通り弟子にしてもらいに来ました!」

『りゅうおうのおしごと!』第1局より © 白鳥士郎・SBクリエイティブ/りゅうおうのおしごと!製作委員会

あらすじにある通り、主人公は中学生でプロ棋士になり16歳で将棋のタイトルの一つである『竜王』になった少年・九頭竜八一です。冒頭ではさらりと、ですがそのタイトルを取ることの難しさが語られています。

『竜王』となった八一ですが、今の戦績は11連敗中。匿名掲示板のようなものには「竜王獲得で才能を使い果たしたクズ」と書かれている始末です。

ある日アパートの自室に帰ると、9歳の少女雛鶴あいが自分を弟子にして欲しいと押しかけてきています。彼女はオープニングの竜王戦のシーンで八一に水を飲ませていた少女です。彼女は「竜王になったらなんでもいうことを聞いてあげるよ」と言った八一の元に「弟子にして欲しい」とやってきたのです。八一は「君の力を試験させてもらう」と一局打つことします。

『りゅうおうのおしごと!』第1局より © 白鳥士郎・SBクリエイティブ/りゅうおうのおしごと!製作委員会

八一が得意とする戦法である『相掛かり』で指してくるあい。その打ち筋を見て「舐められてもんだな」と思う八一。

長引くのも可哀想だと、ムリな一手を指した途端、あいの様子が変わります。「こう……こう……こうこうこうこう」と身体を前傾させ揺らしながらつぶやく彼女。そうして打った一手は受けではなく攻めの一手でした。「一体何手先まで読んでるんだ?」と驚愕する八一。そして八一も眼鏡をかけ、本気であいの攻めを受けて答えるのでした。

「負けました」と投了するあい。「これほど甘美で刺激的な時間を過ごしたのはあの竜王戦以来か」と思う八一。「相掛かりは良く指すの?」と聞いた八一、なんとあいは「あたし、これしか知らなくて……」と答えます。あいは八一の竜王戦を見て将棋を初め、まだ指し始めて3ヶ月程度だったのです。

八一「信じられない……。スランプ中とはいえオレは竜王……将棋界最高のタイトルホルダーだぞ?そのオレを将棋を始めてわずか3ヶ月の子が追い詰めるなんて……」

あいは試験の結果を気にしますが八一は「良く分かんなかったからもう1局指そうか」と答えます。そうして二人は夜が更けるまで将棋を指し続けます。

『りゅうおうのおしごと!』第1局より © 白鳥士郎・SBクリエイティブ/りゅうおうのおしごと!製作委員会

旅館の娘であるあいによる美味しそうな朝食を食べる八一。そのときあいが『将棋図工』を全部解いたという話になります。その将棋図工の中でも最長手数である寿という詰め将棋、その全611手の手順を暗唱し始めるあい。「手順みんな覚えてるの?」と驚く八一。プロですら解くのに苦労するのにあいはそれを頭の中だけで解いたと言い、八一はその才能に驚きます。

あいが風呂に入っている間、才能はあるがどうするべきかと悩む八一。そこに姉弟子である空銀子がやってきます。風呂上がりの裸のあいと、姉弟子である銀子が鉢合わせてしまいます。

次のページに続きます。





広告




広告