「ジャイルくんは……立ったまま気絶している」『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第4話より




広告

2017年春アニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」を見ました。

第4話「魔術競技祭」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します

特別賞与を目当てに魔術競技祭での優勝を目指すグレン。システィーナ達はそうとは知らずに彼の期待に応えるべく奮闘し、予想外の活躍を見せ始める。

魔術競技祭で優勝を目指す!

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」より ©2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会

女王陛下、ルミアの母親、が来賓する魔術競技祭での出場種目決めに難航している生徒たち。ある者はやる気がない、ある者は陛下の前で恥をかきたくない、となかなか出場選手が決まりません。

いわゆる、学校の運動会的なものでしょう。私はそういったものに積極性がない生徒だったので、やりたくない人たちの気持ちが良く分かります。

そんな中、「お前らを優勝させてやる」と言うグレン。

ホントは全員参加する必要はないようなのですが、クラス全員を参加させたグレン。それによってクラスが団結していきます。

そして「これって……ちゃんと私たちのこと見てたんだ」と喜ぶシスティーナとルミア。

しかし真相はグレンが金欠で、魔術競技祭で優勝した際に出る特別賞与狙いだったのです。

ライバルは1組

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」より ©2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会

グレンの受け持つのは2組。彼らが競技祭に向けて練習していると場所を空けろと言ってくる1組の連中と担任のハーレイ先生。

結局グレンはハーレイ先生と自分たちのクラスが勝つのに給料3ヶ月分を賭けることになります。

詳しくは話の筋から分かりにくいのですが、おそらく1組が優勝候補なのでしょうね。

魔術競技祭開催

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」より ©2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会

女王とルミアが写る写真が入ったロケットを手にしている女王ですが、お付きの者に諫められ違うネックレスを身につけ魔術競技祭開催の挨拶をします。それを見て少し傷つくルミア。

そして女王陛下と仲が良さげなセリカ。陛下を呼び捨てにしています。二人は旧知の仲のようです。

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」より ©2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会

そして競技はルミアが参加する「精神防御」に。優勝候補は5組のジャイルくんです。

ジャイルくんは「精神防御」唯一の女性参加者のルミアに危険を薦めます。

競技内容は、教師が使う精神魔法に防御魔法を使って耐える、という内容のようです。そして戦いは【マインド・ブレイク】という最も危険な術での勝負にもつれ込みます。

片膝を付いたルミアを見てグレンは棄権を宣言します。が、なんとその前にジャイルくんが立ったまま気絶していました。

そんなワケで、僅差でルミアが「精神防御」での勝者になりました。

喜びを分かち合う生徒たち、それを見つめるグレン、そのグレンを見る二人組

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第4話「魔術競技祭」より ©2017 羊太郎・三嶋くろね/株式会社KADOKAWA/ロクでなし製作委員会

「あんな風に笑う姿を確認できてホントに良かった」という女王陛下。そこに現れる怪しい二人組、ジッとグレンのことを見ています。

やはり魔術競技祭も普通に終わったりはしないようですね。来週も楽しみです。





広告




広告