「わたしは、優しくなんてないわ」『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」感想

プリンセス・プリンシパル 第1話より「振り切ったところで帰るとするか、というゴーグルの少女」




広告

2017年夏アニメ『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」を見ました。

作品のイントロダクション、どんなお話?

以下、公式サイトより作品のイントロダクションを引用します。

東西に分裂したロンドンで繰り広げられる、少女たちのスパイアクション!

舞台は19世紀末、巨大な壁で東西に分断されたアルビオン王国の首都ロンドン。
伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフェア校には、5人の少女たちが在籍していた。
彼女たちは女子高校生を隠れ蓑に、スパイ活動を展開。
変装、諜報、潜入、カーチェイス……。
少女たちはそれぞれの能力を活かし、影の世界を飛び回る。
「私たちは何?」
「スパイ。嘘をつく生き物だ」

第1話「case13 Wired Liar」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

19世紀末、アルビオン王国は革命により、首都ロンドンを境にして、旧来の王国と新しく生まれた共和国の二つに分かれた。
そしてその境界には、お互いの国交を断絶させるため『ロンドンの壁』が作られた・・・。

王国へ送り込まれた共和国のスパイ・アンジェは、チームリーダーのドロシーとずば抜けた剣技を持つちせと共に、共和国へ亡命を望んでいる王国の研究者の青年・エリックを、王国側の妨害にあいながらも無事保護する。保護した先は、アンジェ達が任務で通っているクイーンズ・メイフェア校の博物室。そこでエリックが出会ったのは、付き人のベアトリスを従えた王国のプリンセスであった。彼女は笑顔で言う、「実は私、共和国のスパイなんです」と。彼はその告白に驚きながらも、突如、任務にないことを要望する。

「もう一人、亡命させたい者がいる」

エリックの願いは果たして聞き入れられるのか?

「言ったわ、黒蜥蜴星から来たって」

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

ナレーション「19世紀末、アルビオン王国の王立航空軍、通称空中艦隊の登場は世界の勢力図を一変させた。ケイバーライトを独占するアルビオン王国はこの空中艦隊を擁してローマ帝国以来の覇権国家となった。しかし、革命によりアルビオン王国は東西に分離、ロンドンの壁によって王国と共和国に別れた。以来10年、ロンドンは各国のスパイが暗躍する影の戦争の最前線となった。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

高いところからなにかを見ているハットをかぶる少女。この絵にはたくさんの情報があります。スチームパンクのような世界観なんでしょうかね。

街中を逃げる男の前に立つ少女。少女の持つ球状の装置が光ると少女と男は浮き上がります。「それは!ケイバーライト?まさか、そんな大きさで!?」という男。

冒頭のナレーションにでたケイバーライトという技術、本来は大型のもののようですね。少女が持っているのはかなり特殊なもののようです。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

仲間の、忍者のような格好をした少女のいる場所に降りた際には、球状の装置をなにやら液体の中にいれ、入れると蒸気が出ています。使うと高温になるようです。オーバーヒートして使えなくなるのでしょうか。

車で路地に入ってきた追っ手に忍者姿の少女ちせが走ります。キィーンという効果音と共に車を斬りつけるちせ。車は前転し吹っ飛びます。その車を見ていたハットをかぶる少女と追われていた男、その後ろに着られたホイールが落ちます。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

そして車で待つ、ゴーグルをした少女の下へやってきます。次はカーアクションです。ハットの少女が追っ手の車を銃で撃ちますが、車は防弾のようで利きません。

追われていた男「何なんだ君たちは!」

ゴーグルの少女(ドロシー)「あんたが西側に亡命するまで保護するよう命令を受けた」

男「それじゃ君たちが共和国の?」

ドロシー「あ?アンジェ言ってないのかよ?」

ハットの少女(アンジェ)「言ったわ、黒蜥蜴星から来たって」

ドロシー「スパイだろ!」

彼女たちがスパイで、男が亡命するための保護がその任務、ということのようです。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

水筒のような容器から先ほどのケイバーライトの装置を取り出すアンジェ、「冷却完了」と言うと、ドロシーは「ここを出たらしかけるぞ」と言います。

トンネルのようなところを抜け、ケイバーライトを使い追っ手の車に飛び乗るアンジェ。そのままケイバーライトの力で車ごと浮き上がります。そして浮き上がった車をトンネルのアーチの部分のぶつけ破壊します。

車を破壊しトンネル内に滑り込むように飛んできたアンジェを捕まえるちせ、「おかえり」と何事もなかったかのように言います。そしてこちらも何事もなかったかのように「ただいま」と答えるアンジェ。

ドロシーは「さて、振り切ったところで帰るとするか」と言います。男は「帰る?どこに?」と聞きます。アンジェは「あなたを匿うのに最適な場所」と答えます。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

「あ、あの?ここは……?」と目隠しをされた亡命する男は聞きます。「学校じゃ」と答えたちせ。「それも王族の方々も通われる伝統と格式ある学校なんですよ」と紅茶を淹れる少女が答えます。

「なぜそんなとこに?」と聞く男、目隠しが外されます。「なぜって、私たちがここの生徒だから」とアンジェが答えます。

その部屋に「おかえりなさい。あら、そちらの方が亡命希望の方?」と一人少女が入ってきます。「はじめまして、わたしは……」と言いかけたところで「存じてます!この国のものは皆……まさか、あなたまでスパイなのですか?プリンセス……」と男が言います。プリンセスは「はい、スパイです!」と答えます。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

7(セブン)「希望者Eはプリンシパルのチームが確保しました。現在クイーンズ・メイフェア校に潜伏中です」

大佐「せっかくのプリンセスをつまらんことに使うものだ」

L(エル)「壁のチームはどうなっている?」

7「こちらがシフト表です」

L「両チームに伝えろ、壁越えは次の木曜日とする」

登場人物などから推察するに、このシーンは共和国側のスパイ組織コントロールの作戦本部のようです。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

朝食を取る男にアンジェは「壁越えの日は調整中よ、決まるまでここに居てもらうわ」と伝えます。まだ指示が来ていないのか、それとも言う必要がないから黙っているのか、どちらでしょうか。

男は「どうして?どうして君みたいな子がスパイを?」と聞きます。アンジェは「生まれたときに額にスパイって書いてあったの」と答えます。男は「ウソをつくのはスパイだから?」と聞くと「本当ことは面白くないもの」と答えます。

アンジェは「他に必要なものがあれば言って、可能な範囲で用意するわ」と伝えると男は「人間でも?人間でもいいのかい?」と言います。

『プリンセス・プリンシパル』第1話「case13 Wired Liar」より © Princess Principal Project

お茶会のような集まりで現状を話す一同。あの男は妹と一緒じゃないと亡命しないと言っているようです。

リスクは避けるべきだと、男、エリックだけを運び出すという方法を提案するアンジェですが、「それでも一緒に亡命させてあげられないかしら?」というプリンセス。

アンジェの方に「だって離ればなれじゃ寂しいじゃない?」というプリンセス。アンジェはその言葉にハッとなります。思い出しているのは革命の日でしょうか。アンジェにも離ればなれになった誰かがいるのでしょうか。

アンジェは「情報を集めるわ。妹の現状と彼女の亡命意思、エリックの裏も取る。木曜までまだ4日あるわ」といいます。

次のページに続きます。





広告




広告