『ペルソナ5』第4話「Steal it, if you can」感想




広告

2018年春アニメ『ペルソナ5』第4話「Steal it, if you can」を見ました。

第4話「Steal it, if you can」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

鴨志田を改心させるべく、“予告状”を学園内に貼りだした蓮たち。新たに仲間となった杏・モルガナと共に、実体化した「オタカラ」を盗み出すため再びパレスへと侵入するが、そこで待ち構えていたのはシャドウ鴨志田本人であった。

「そうだな、今のお前はもう人間なんかじゃない。歪んだ欲望に取り憑かれた」「悪魔そのものだ!」

『ペルソナ5』第4話「Steal it, if you can」より ©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

心の怪盗団からの予告状を見て激怒する鴨志田。蓮たちを見つけ「貴様らの仕業か……まあいい、どうせ貴様らはじき退学だ……」と鴨志田。「来いよ!盗れるモンなら盗ってみろ!」という鴨志田のシャドウ。

夕方、学校の屋上に集まる蓮たち。「鴨志田のあの反応、パレスに影響が出た証拠だ。お宝は狙われていると強く意識させることで初めて実体化する。予告状によって奪えるようになってるはずだ」というモルガナ。潜入のための準備をする蓮、竜司、モルガナ。志帆の様子を見に行く杏。潜入の準備はゲーム的に言うところの武器の用意や回復薬の準備をする蓮たち。それから潜入道具を作ったりもします。

『ペルソナ5』第4話「Steal it, if you can」より ©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

夜、パレスに潜入する蓮たち。怪盗団としての「今回から全員コードネームで呼び合うことにしよう」と提案するモルガナ。竜司はスカル、モルガナはモナ、杏はパンサーと付け、蓮は保留となります。

罠を止める鍵を探してモンスターをおびき寄せ会話をする蓮、その相手ピクシーが「私の名はピクシー、これからはあなたの中にいてあげる」と行って蓮の仮面のような形になり、そして蓮の中に消えます。「なんだよ今の……」とスカル、「我が輩にも……何が何だか……」とモナ。「こいつのこの力は……?」と思うモナ。

そうしてついに鴨志田のお宝の下にやってきた一行。そのお宝を守りにやって来た鴨志田のシャドウ。

シャドウ鴨志田「俺様は才能ある人間だ……俺様は他の人間共とは違うんだよ!」

そう言うと身体が変化していくシャドウ鴨志田。「そうだな、今のお前はもう人間なんかじゃない。歪んだ欲望に取り憑かれた」とモナ、「悪魔そのものだ!」と蓮。「その通り!俺様こそ、この世界を支配する悪魔なのさ!」というシャドウ鴨志田。

次のページに続きます。





広告




広告