「安心しなよ、私は義理堅いのさ」『メイドインアビス』第8話「生存訓練」感想

メイドインアビス 第8話より「エンドカード」




広告

2017年夏アニメ『メイドインアビス』第8話「生存訓練」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『メイドインアビス』感想記事-まとめ-

2017.08.26

第8話「生存訓練」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

オーゼンから課された新たなる旅立ちへの試練「生存訓練」。限られた装備で10日間生き延びる事を言い渡されたリコとレグは、まずは飲み水の確保の為に移動を開始する。早速綺麗な水場を発見したリコだったが、近づくと突然水面が揺れて・・・。一方、地臥せりと共にその様子を遠くから眺めていたオーゼン。リコとレグの様子を見て、思いを馳せたのは・・・。

「互いに背中を預けられるようになればいいのぉ」

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

ナレーション「『不動卿』『動かざるオーゼン』。その度しがたいレッスンは新たなる旅立ちへの試練。アビスの世界で子供たちが生き抜いていくための『生存訓練』」

まずは水を探すリコたち。すぐにきれいな水じゃないと生息しないロウハナという虫がいる水場を発見します。

リコがヘルメットに水を汲んでいると何やらカバのような生き物に襲われます。間一髪のところでレグの腕で引っぱられるリコ。

「くそぉー、あれのどこが大人しいんだ……」とつぶやくレグ。

リコは好奇心があって思い切りは良いのですがちょっと不用心でしょうかね。

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

二人は葉っぱと木材を集めてテントのようなものを作ります。そして火をおこすリコ、それと同時に虫たちが集まってきます。

私たちの価値観では語れませんが、こんなところで10日間というのはだいぶ大変そうですね。

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

3日目。オーゼンが近づくなと言っていた木の上で地臥せりの一人がリコとレグの様子を見ています。だから近づくなと言っていたのですね。

「どうだい?」と聞くオーゼンに地臥せりの一人は答えます。「ふむぅ、リコちゃんは肝は据わってるけどやりたいことに身体がついていってないのぉ。レグ少年もまあ身体はめっぽう打たれ強いがしょっちゅうビビるし、判断が遅いのぉ。機械人形なのにのぉ」と分析しています。

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

5日目。カバを捕まえようと作戦を立てるレグとリコ。

「メスのウンチと木の皮。フェロモンが着いているとこ剥がしてきたの」というリコ。それを使って誘導しようという作戦を立てます。

ウンチと木の皮を燻すとニオイに釣られてカバがやってきました。そこに石灯で目くらましをするリコ。

「今よ!レグ!」というリコの合図で木の上から腕を使いカバを縛り上げるレグ。無事にカバを捕獲できました。

「幼い身体も弱い心もそうすぐには変わらんが、あんたの言うとおりあの子ら得意なことはすこぶる伸びがいいのぉ。ま、せっかく二人居るんだしの、互いに背中を預けられるようになればいいのぉ」という地臥せりの一人。

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

「背中を預ける、ね……」とつぶやくオーゼン。オーゼンはライザのことを思い出します。

ライザ「うちの隊のトウカだ、こいつと結婚したぞ」

その言葉にショックを受けるオーゼン。

そしてライザが出産したあと、寝込んでいるライザは「しばらく一人にしてくれないか」とオーゼンに言います。外に出たオーゼン。

オーゼン「ホントに忌々しい……。トウカがさっさと逝ったと思ったら赤子まで死んで出てくるとはねぇ……。わたしに取り上げさせといて、全く良い度胸だよ。あのマヌケ面とお前がきて、ただでさえ丸くなったライザに今度はこの仕打ちかい、忌々しい。あんなライザは見たかなかったよ。体力も少ない、こいつはここに置いてライザと鐘を抱えて登るか」

そう言ったそばから籠の中なら泣き声が聞こえてきます。復活する籠、ということなのでしょうか。

そしてライザの部屋にある籠、そしてそれに触れるライザ。回想から現在に戻っています。「全く厄介ごとを引き受けたもんだ。安心しなよ、私は義理堅いのさ」とつぶやくオーゼン。

『メイドインアビス』第8話「生存訓練」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

肉を食べるリコとレグ。リコは「これで5日は乗り切れるね」と言います。「うん」とレグも同意します。

次のページに続きます。





広告




広告