「オースへようこそ、レグ!」『メイドインアビス』第1話「大穴の街」感想

メイドインアビス 第1話より「エンドカード」




広告

2017年夏アニメ『メイドインアビス』第1話「大穴の街」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『メイドインアビス』感想記事-まとめ-

2017.08.26

第1話「大穴の街」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

巨大な大穴『アビス』の縁に築かれた街、『オース』で暮らす探窟家見習いの少女・リコ。ある日、探窟中に孤児院の仲間の少年・ナットが巨大な蛇状の生物「ベニクチナワ」に襲われているところに遭遇する。とっさの機転で注意を逸らしたリコだったが、今度は自分がベニクチナワに襲われてしまう。絶体絶命のその瞬間、突然辺りが閃光と轟音に包まれて・・・。

「これ、人間じゃない!まだ温かい、さっきまで動いてたんだ!」

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

リコ「ちょっとナット!なんで着いてくるのよ?」

ナット「うるせぇーな、オレの担当リコのすぐ上なんだよ」

リコ「そういえばそうでした。じゃあ帰りは遺物運ぶの手伝ってよね」

ナット「なんでだよ」

リコ「だって今日は赤笛の中で最高の査定額を出さないといけないんだから」

ナット「ムリだろ、この辺はもうあらかた探されてるし珍しいものなんてそうそうネェよ」

リコ「だったら数で勝負よ!」

ナット「いいのか?それで……。アレでごまかしたらどうだ?この間ちょろまかしてた……」

リコ「星の羅針盤?アレはダメ!アレはアビスの真実に導いてくれるものなんだから!それにもし隠してたのがバレたら……今度は裸吊りじゃ済まない……乙女のトラウマがぁ!」

ナット「あ、大ゴンドラ」

リコ「え!?おぉー……!ナット!ほらほら、600m組だよ!」

ナット「分かってるよ」

リコ「ありゃ、もう見えなくなっちゃった……いいなぁ、乗りたいなぁ!」

開始直後からの、主人公である少女リコと、その仲間の少年ナットとの会話です。まだ続きますが後略しました。リコが活発な少女であることが伝わります。

「今日は静かじゃねぇ?」というナット。「ツチバシがいないせいじゃない?」と答えるリコ。「まあやりやすくていいか、アイツら光ってるの巣に持って帰っちゃうしな」というナット。

普段いる生き物がいない、というのは危険信号でしょうね。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

「今日はもりもり発掘しますよ!」と張り切るリコ。そして「やればできるじゃん、わたし」とおにぎりを食べながらいうリコ。その大荷物を懸命に運びます。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

ナットはどこに行ったとつぶやきながら顔を上げた先にいたのは「ベニクチナワ」という巨大生物でした。「なんでこんな浅いところに?」というリコ。普段はこんなところにはいない生物のようです。

余談ですが「クチナワ」と朽ちた縄を指し、ヘビのことをそう言います。

その「ベニクチナワ」が狙っているのは怪我をしたナットのようです。頭から血を流しています。「ナットが……食べられちゃう!?」ととっさに笛を鳴らすリコ。「ベニクチナワ」は、方向転換しリコの方へ向かってきます。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

尻尾の部分でひっぱたかれるリコ、吹っ飛ばされて浅い穴に落ちてしまいます。その穴の中までも追跡してくる「ベニクチナワ」。しかしその穴の先はとても飛び降りれないような高さの出口しかなく逃げ道を失ってしまうリコ。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

追い詰められ、倒れ込み、「助けて!!」と叫ぶリコ。すると何か光が「ベニクチナワ」を襲います。そのまま先の穴に落下していく「ベニクチナワ」。どういうわけかリコは助かりました。

「スゴい、化石の木が溶けてる……」というリコ。それだけの威力のある何かが飛んできたようです。「わたし、誰かに助けられたのかな?」そうつぶやいて歩いた先で綺麗なペンダントを拾い、さらにその先には手のひらの穴から煙を出して倒れる、不思議な少年がいました。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

少年に触ってみるリコ、その不思議な感触に「これ、人間じゃない!」「まだ温かい、さっきまで動いてたんだ!」と興奮するリコ。しかし、その少年が倒れている場所から「でもこの子……どこからきたの?」と疑問に思うリコでした。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

ナットに協力してもらい少年を運ぶリコ。荷車に乗せてもらい「もう少しだよ」と喜ぶリコですが、ナットは「ここからが大変なんだろうが」と言います。

『メイドインアビス』第1話「大穴の街」より ©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

孤児院の建物の前には委員長と呼ばれる人物が立っています。彼女が遺物をちょろまかしたりしないように見張っているのでしょう。

そこを突破する方法を思案するリコ、ナットそれに途中で合流したシギー。

シギーのアイディアで建物の中にいるキユイに本を落とさせ、泣いたフリをさせます。キユイが怒られている隙にロボットを運び込むリコたち。

次のページに続きます。





広告




広告