『ルパン三世PART5』第4話「銭形の誇りと砂漠の埃」感想




広告

2018年春アニメ『ルパン三世PART5』第4話「銭形の誇りと砂漠の埃」を見ました。

第4話「銭形の誇りと砂漠の埃」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

ルパンに銃を向け、不敵に微笑む不二子。しかし、そこに銭形が現れ、ルパンとアミを車に乗せて走り出す。銭形のおかげで窮地を脱したかと思いきや、突如、上空から襲い来る銃撃。金に目がくらんだ軍人が、ルパンを消そうと襲ってきたのだ。ルパン達は車を捨て、歩いて砂漠を超えることに……。銭形との、暑苦しい逃避行が始まった。

「わかっとる、だから国境を越えて隣の国で捕まえる」

『ルパン三世PART5』第4話「銭形の誇りと砂漠の埃」より ©TMS・NTV

「どうせ殺されるなら私にしてよ」そういって銃を構える不二子。カウントダウンを始める不二子、そこに車でやって来た銭形。ルパンはカツラ型の発煙体を投げ、銭形の車に乗り逃走します。

「とっつぁん、カッコよく決めたところ悪いんだけどもよぉ、この国じゃ俺を逮捕できねぇぜ」とルパン、「わかっとる、だから国境を越えて隣の国で捕まえる」という銭形。「仕事熱心だこと」と呆れるルパン。

「銭形のヤツ、余計なことしてくれるわ……」と見送る不二子。不二子の背後で次元が銃を構えます。「まさかお前さんまでルパンを殺しに来るとはなぁ」と次元、「いけない?」と聞く不二子。「怖いなぁ、女ってのは」と次元、「あら?女より恐いものもあるわよ」という不二子。「聞いてやる」と訊ねる次元、「友達思いの男の子」という不二子、そこに現れる五ェ門。

『ルパン三世PART5』第4話「銭形の誇りと砂漠の埃」より ©TMS・NTV

ルパンとアミ、銭形の乗る車はブワンダ軍のヘリに襲われます。車が破壊され、ルパンたちは降りて逃げますがその様子を近くにいた住人が見ており、スマホで撮影しています。「甘いぜルパン、暗殺サイトの掛け金はお前さんが死ぬまで消えないんだ。殺し屋が途切れることはない……」というルパンゲームの仕掛け人の一人、ピーカブー。

茂みの中を歩くルパンたち、ARマップを駆使して道なき道を先導するアミ。食べ物になる植物もタブレットで検索するアミ。「とんだ植物博士だな」と感心するルパン。「ネットに繋げば人は誰でも博士になれるわ。あとは検索の仕方だけ」というアミ。

食事をしながら「それでどうだい?外に出てみた感想は?」とアミに聞くルパン。「不便、通信速度が遅い」というアミ。「命の危険は多いし、暑いし、埃っぽいし、食事も……」と不満をこぼすアミ。「それはこいつといるからです」とルパンを指さす銭形。「お嬢さん、あなたは学校へ行くべきだ」という銭形。「学校なんて必要ないわ」と答えるアミ、「知識の収集ならネットで済むし、数学などの論理演習なら平均以上の自信がある」とアミ。「友達ができる」という銭形、「友達ならネットにたくさん……。世界中にいるわ、老若男女、人種を問わずね。学校なんて閉鎖空間で友達を作るより遥かに多様性がある」というアミ。「お嬢さんは間違っとる。愛とか友情はそんな理屈じゃないんだ」という銭形。「あなたはルパンに友情を感じてるの?今回の合理性に欠ける行動が、あなたのいう友情なの?」とアミにツッコまれる銭形。友情を否定する銭形に「ああ、そっちね。心配しないで、私は愛の形には多様性があって良いと思うから」というアミ。それをネタに盛り上がるルパンと銭形、「楽しそう……」とつぶやくアミ。

翌日、国境へ向けて砂漠を歩くルパンたち。砂漠についての文献をAIにまとめさせ勉強したというアミ。「そうして砂漠を一日中歩いていると何処か別の星に来たような気がしてきた……」と音声で聞きながら砂漠を歩くアミ。音声再生を止めさせるアミに「お前さんならなんて書く、砂漠のこと」と聞くルパン。「最低ッ!クソ!カス!ギラギラのクズクズ野郎!!」と叫ぶアミ、それを聞いて笑うルパン。「夜を待って歩くんじゃ、イカンのか」とこぼす銭形、「軍隊に追いつかれるより、マシでしょうが」というルパン。そんな中、アミが倒れてしまいます。

次のページに続きます。





広告




広告