『ルパン三世PART5』第2話「ルパン・ゲーム」感想




広告

2018年春アニメ『ルパン三世PART5』第2話「ルパン・ゲーム」を見ました。

第2話「ルパン・ゲーム」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

「世紀の大泥棒、ルパン三世をハントせよ!」マルコポーロ幹部の罠により、ルパン・ゲームが始まった。 世界中の人々から追われることになったルパン。空港では警察だけでなく、一般人にまでも監視され、まったく身動きが取れない。 飛行機を盗もうとしても、銭形に読まれてしまい……。ルパンはルパン・ゲームから無事逃げ切ることができるのか?

「俺はルパン三世。みんな探してるみたいだからな、こっちから来てやったぜ」

『ルパン三世PART5』第2話「ルパン・ゲーム」より ©TMS・NTV

銭形がやってきて慌てて逃げるルパン一味。「せっかくの空港だ、飛行機を盗ませてもらうぜ」というルパン。アミの案内で滑走路に出るもすでにたくさんのパトカーが待機しています。「銭形め、読んでやがったな」と次元、「作戦変更だ。アミ、駐車場までの最短ルートを」とルパン。

駐車場で盗む車を物色するルパンたち。「ルパン、こいつはどうだ?」と大型のSUVを選ぶ次元。「ダメだ、あっちにしようぜ」と電気自動車を選ぶルパン、「らしくねぇ車を、今さらエコに目覚めたか?」とぼやく次元。

滑走路を走るルパンを追う銭形。次元や五ェ門によるアクションで距離を離し、ルパンたちはある倉庫に逃げ込みます。「AW609、滑走路を必要としないティルトローター機だ」とルパン。この機体の起動には電源が必要ですが倉庫の電源は銭形の指示で切られてしまっています。

『ルパン三世PART5』第2話「ルパン・ゲーム」より ©TMS・NTV

五ェ門が屋根に現れ倉庫の屋根を斬ると、そこからAW609が飛び立ちます。驚く銭形。ルパンは電気自動車のバッテリーを利用してAW609のエンジンを始動させたのでした。「ルパンゲームの皆さん、さようなら」とルパン。AW609が飛び去るのを見る銭形、「逃げ切ったと思うなよ、ルパン。これはただの第1ラウンドだ……」とつぶやきます。

どこかのモーテルでもつ鍋を食べるルパンたち。鍋を食べながら「で、どうするんだ?このまま籠もってるつもりか?」と聞く次元。「冗談じゃねぇ、このまま負けっぱなしでいられるかっての!」とルパン。「何か考えがあるのか?」と聞く五ェ門、「もちろん。目には目をってヤツよ」と答えるルパン。

「ルパンがネットに現れました!」と銭形に報告する八咫烏。「裏は取れてるのか?素人のがせに騙されるなよ」と銭形。「いえ、それが……ルパン本人なんです」と報告する八咫烏。

豪華客船に乗るルパン、「俺はルパン三世。みんな探してるみたいだからな、こっちから来てやったぜ」とSNSに投稿しています。さらに新婚旅行中だと話しかけてきたカップルと笑顔で握手をしたり写真を撮ったりします。

そのSNSの投稿を見て「警部、行きましょう」という八咫烏。「行ってどうする?」と聞く銭形、「逮捕するんですよ!ここまであからさまで見逃したら我らICPOの名折れです!」と八咫烏。「ヤタ、写真をよく見ろ。その船はブワンダ行きだ」という銭形。「ハッ!?ブワンダ共和国はICPOに加盟していません……」と八咫烏、「あの国にいる限り、我々にルパンを逮捕する権限はない」と銭形。

ブワンダ共和国に入りSNSの投稿を続けるルパン、さらにはメールマガジンも始めます。「探すべきルパンが自分からドンドン情報を発信してくるんだ。探すっていうゲーム性は失われ、まあそのうちみんな飽きてくらぁな。新しいおもちゃが手に入ったら俺なんかすぐに忘れられるさ」とルパン。「そういうものか……」と五ェ門。「人は所詮、他人には興味ないのさ」と次元。「まあしばらくはここの暮らしを楽しもうぜ」と言いながら自撮りをするルパン。

「ルパンのヤツ、余裕ぶっこきやがって!」とキレるマルコポーロの主催の一人の青年。チャットで「ここまでは想定済み」という彼の仲間。「ネットを使うならこっちがプロだ」とあるサイトを見せる仲間。そのサイトを見て「なるほどね……。よし、無事だった金を全部ぶっ込むぞ……」という青年。

次のページに続きます。





広告




広告