ロボットアニメへのオマージュで溢れる!『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」感想

ナイツ&マジック 第13章より「エンドカード」




広告

2017年夏アニメ『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『ナイツ&マジック』感想記事-まとめ-

2017.07.30

第13章「Heaven & Earth」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

旧王都デルヴァンクールの奪還作戦に向かった銀鳳騎士団の前に、再びヴィーヴィルが立ちはだかる。
エルはヴィーヴィルとの再戦を見据え、ジルバヴェール(対空衝角艦)にデトネーションジャベリン(魔導火節)を搭載。ヴィーヴィルは降り注ぐジャベリンをすべて破壊するも、それこそがエルの狙いだった。
窮地に陥るドロテオに、オラシオはマキシマイズ(最大化戦闘形態)の発動を進言。エルとオラシオ、天才同士の意地が激突する。

「ブラッドグレイル、起動!」

もう中盤も超えたなぁというあたりからOPの演出が色々変わり始めて、ようやく最終話で、カッコよくなったなぁ!と思うところに落ち着いたなぁと感じました。

本来なら最初にやっておくべきことなのでは?という気がしなくはありませんが……、でもカッコよくなったんですから良しとしましょう。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

今週のハイライトシーン。個人的にOPに追加された(と思う)ソードマンとグゥエラリンデの戦いのシーンがお気に入りです。ソードマン、バカだけどカッコイイですよね。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

ジルバヴェールをヴィーヴィルの目の前に出し、それを回頭、逃げ出すことでヴィーヴィルを引っ張り出すというのがエルの作戦だったようで、まんまと誘いに乗るヴィーヴィル。

エルは「目覚めなさい!ベスピアリ!」とツェンドリンブルのミッシレジャベリンのような、ジルバヴェールに搭載されたジャベリン攻撃を放ちます。

当然ヴィーヴィルはアンキュローサの対空防御の雷撃でそれを撃ち落とします。すると、ジャベリンから黒い何かが漏れ出てヴィーヴィルに付着します。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

コジャーソ卿「おおっとこれは……油だ!」

イカルガが放った炎によって燃え上がるヴィーヴィル。消化にあたっている隙にアンキュローサを次々と破壊するイカルガ。

「まだだ、まだ手は残されている!」とドロテオ。「ブラッドグレイル?いよいよそのときが来ましたかねぇ」とコジャーソ卿。あっという間にいよいよが来ましたね。

コジャーソ卿「試してみませんか?鬼神をも凌駕する力……、名付けてマキシマイズ!」

ドロテオが決断をしかねているとき、ディートリヒと藍鷹騎士団のノーラの作戦が成功し、砦の跳ね橋が降り始めます。

「マキシマイズとやら、使用する。ブラッドグレイル、起動!」とドロテオ。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

コジャーソ卿「くぅぅぅ!あっはははは!竜の血が船体から溢れてほとばしっていますねぇ!がたいに対していささか心臓が大きすぎましたかねぇ!実に面白い!」

これは『聖戦士ダンバイン』のハイパー化じゃないですか!

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

ヴィーヴィルに射撃攻撃をするイカルガですが、「マキシマイズしちゃったら長距離砲撃などどうということもありません」というコジャーソ卿。「ならばこの力、そのまま鬼神にぶつけさせてもらう!」とドロテオ。

そのヴィーヴィルの攻撃を「ちぃ!」と回避するエル。「ちいっ!」もロボットに乗ったら言いたいセリフですよねぇ、分かります。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

跳ね橋から乗り込むクシェペルカ軍の前に「へへーん、お前らの相手なんざオレっち一人で十分さ」とグスターボ。真っ白の王族機を真っ黒にカスタマイズ、デッドマンズソードと名付けての登場です。やっぱりグスターボはこうじゃなくっちゃね!

グスターボ「まとめてこの、デッドマンズソードの刀のサビにしてやんよ!」

そのデッドマンズソードの前に立ちはだかるのはエドガーのアルディラッドカンバー。剣vs盾の戦いですね。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

エル「光り輝く巨竜!しかし人が作った船が巨大化するはずがありません!つまり、あれは一種のバリア、あふれ出したマナを纏っているにすぎない!超射程からの砲撃が通じないとするなら、攻略法はただ一つ!ソーデッドカノンにマナを集中しての一点突破!そしてゼロ距離からの攻撃あるのみ!」

攻撃を回避し、ヴィーヴィルに接近するイカルガ。それを見たコジャーソ卿は「おぉ!ようこそ、エルネスティ・エチェバルリア!」と言います。

『ナイツ&マジック』第13章「Heaven & Earth」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

エル「破壊力を求めるのは兵道の常!されど巨大化によってそれを叶えようというのは品格に欠けます!」

コジャーソ卿「兵器に美学などは不要、求められるのは合理性のみですよ!」

エル「人型兵器こそ至高!哲学なき存在はいずれ滅びます!」

コジャーソ卿「惜しい!実に惜しい!その技術を!」

エル「その力を!」

コジャーソ卿「レビテートシップに!」

エル「シルエットナイトに!」

エル・コジャーソ卿「捧げればいいものを!」

この二人……、ニュータイプだというのか……!?ということでガンダムではおなじみのニュータイプ同士が宇宙空間で会話する、いわゆるニュータイプ空間が出ました。

そのNT空間に「鬼神めぇ!」と割って入るドロテオ。こいつもニュータイプだというのか……!?

次のページに続きます。





広告




広告