「バカを申せ、我が身も老いたということよ」『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」感想

ナイツ&マジック 第7章より「ゴルドリーオとジルバティーガ」




広告

2017年夏アニメ『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『ナイツ&マジック』感想記事-まとめ-

2017.07.30

第7章「New & Old」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

ついに完成した人馬騎士ツェンドルグ。銀鳳騎士団はテレスターレなどの新型機も携えて、ラボとの模擬試合に挑む。
一方のラボ側は、試作機カルダトア・ダーシュを、手練れのナイトランナー集団“アルヴァンズ”に託す。試合はエルの意表を突く先制攻撃で幕を開けた。
想定外の戦いに、序盤こそ圧倒されたアルヴァンズだったが、徐々に銀鳳騎士団を圧倒し始める。この展開を予測していたエルは、冷静に逆転の機会を見定めていた。

「新型機の力、しかと見せてもらった!」

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

アンブロシウス国王「両雄並び立つこの場にてこれ以上の長口上は無粋であろう。双方、支度を調えよ」

オルヴァー所長「ふふっ、誰よりも陛下ご自身が待ちきれないのでは?」

そんなわけで模擬試合が始まります。銀鳳騎士団はツェンドルグを含むシルエットナイト4機、対してラボはカルダトア・ダーシュ6機で対戦することになりました。ツェンドルグは騎馬と判断され、騎馬1:歩兵3という戦力の数え方が用いられたようです。

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

戦闘開始の合図が出ると、ツェンドルグは飛び出します。それを迎え撃とうとカルダトア・ダーシュ3機が向かいます。

エルネスティ「マギウスジェットスラスタ起動、積層配置から展開、吸気圧縮開始……」

あの死にかけた(というと大げさかも知れませんが)事故にあったときに開発していた物の改良型でしょうか。

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

ツェンドルグを追い越し、迎撃する攻撃を華麗に避け、カルダトア・ダーシュ1機をなぎ払い、そしてきっちりと着地して見せます。

エムリス殿下「スゲぇな!シルエットナイトが砲弾並みのスピードで飛ぶかよ!」

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

エルが飛び出した分、エドガーとディートリヒは2対3で戦わなければなりません。

エドガー機、アルディラッドカンバーはサブアームに盾を持っているようです。盾の隙間から左手でワイヤーを飛ばし電撃(ライトニングフレイル)を使ったりします。

ディートリヒ機はグゥエラリンデ、こちらは二刀流なのですね。防御に特化したアルディラッドカンバーと攻撃に特化したグゥエラリンデで3機のカルダトア・ダーシュとやり合います。

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

アンブロシウス国王「まずは銀鳳騎士団が優勢か……。しかし肝心のエルネスティの動きが止まったな……」

ガイスカ工房長「フンッ、いかなる仕掛けか知らぬが消費するマナの量も尋常ではあるまい」

工房長の指摘通りすでにエルのトイボックスのマナ残量は2割を切っています。「しばらくは機体を休ませてマナの回復を優先します」というエル。マナはある程度時間が経てば勝手に回復するのですね。現実での燃料とは違う概念のようです。

ツェンドルグを相手にするカルダトア・ダーシュは、さすがに熟練の騎士、アルヴァンズが扱うだけありその早さにも慣れてきていました。

それはエドガー、ディートリヒを相手にしているカルダトア・ダーシュも同様で、グゥエラリンデの攻撃には2機が当たり、アルディラッドカンバーの相手をするカルダトア・ダーシュは盾の隙間を突いて攻撃してきたり、腕前の差を見せつけてきます。

アンブロシウス国王「ラボの作りし手堅い機体に対して銀鳳騎士団は荒削りな機体……。馬に例えるなら駿馬対汗馬と言ったところか。さて、勝利の果実を手にするのはどちらかの……」

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

アディとキッドは自力で窮地を脱します。突撃をしかけ、1機に飛びかかり踏み台にしてもう1機に飛びかかりこれをなぎ払います。

アルディラッドカンバーとグゥエラリンデはあと一押しというところまで追い詰めますがマナ切れを起こしそうで動きが鈍ります。その隙を突こうとするアルヴァンズ。

エルネスティ「みなさん!僕のことを忘れないでくださいね!」

ついに戦線に復帰するエル。「同じ手は通じんぞ」というアルヴァンズの一人、しかし「同じではありません!本気を出させてもらいますよ!」というエル。

エルの常識を越えた突撃で1機のカルダトア・ダーシュに膝蹴りを決めます。が、そこでマナが尽きてしまう銀鳳騎士団。

アンブロシウス国王「そこまで!新型機の力、しかと見せてもらった!」

そんなわけで模擬試合は引き分け、ということで幕引きとなりました。

『ナイツ&マジック』第7章「New & Old」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

ガイスカ工房長がエルの前にやってきます。

ガイスカ工房長「あの人馬型はどうやって動かしている?四本足の連係は?あんな巨体がなぜ動く?どんな秘密を隠してる?教えろ!」

そのガイスカ工房長の言葉に「よくぞ聞いてくれました!」と顔を輝かせるエルネスティ。

喜んで話をする二人を余所にドン引きしているアディ、キッド、ディートリヒ。

その様子を見ているオルヴァー所長とアンブロシウス国王。所長は「陛下の目論見通りになったようですね」と言います。

アンブロシウス国王「エルネスティの作る物は革新的ではあるが荒削りに過ぎる。いかなる原石も磨かねばその真価を発揮できぬからな」

オルヴァー所長「その研磨役を我々ラボにお望みなのですね、彼らの作る試作機を仕立て直せと」

そしてエルと話すことで綺麗なおじいさんになったガイスカ工房長。

次のページに続きます。





広告




広告