「これは自分の手でつかみ取ることの出来る現実なのですから!」『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」感想

ナイツ&マジック 第6章より「国王の前に参上するツェンドルグ」




広告

2017年夏アニメ『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります。

『ナイツ&マジック』感想記事-まとめ-

2017.07.30

第6章「Trial & Error」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

アンブロシウスはさらなるシルエットナイト開発の一環として、国立機操開発研究工房(通称ラボ)と、エルを団長とする銀鳳騎士団による、新型機同士の模擬試合を命じた。
ラボがカルダトアの後継機開発を進める一方で、エルはカザドシュ事変を教訓に、機動力を重視した機体を投入することを決意。そのためには、息の合った二人の騎操士、双子のキッドとアディが適任だという。
はたしてエルが提案した衝撃の新型機とは……?

「これでエルくんの夢が叶うかもね」

『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

夢の中のエル、ロボットのプラモデルがたくさん宙に浮かんでいますが、触ることはできません。そして次々と消えていくロボットのプラモデル。

エル「待って下さい!まだ何も作っていないのに!逃がさない!逃がしはしない!僕のロボット!」

うたた寝をしてそんな夢を見たエルネスティ。そしてエルたち一行はライヒアラ騎躁士学園に戻ってきました。

カザドシュ事変で残ったテレスターレはシルエットナイトラボラトリーに持ち込まれていました。

工房長「おっそーい!たかが学生風情が作った機体の解析にいつまで手間取っておる!」

おぉ……いかにもやられ役な顔つきのご老人ですね……(画像4枚目参照)。そんな工房長に所長であるオルヴァーが声を掛けます。オルヴァーに機体の解説を求められますが「本日は多忙につきこれにて失礼する」と引き上げるガイスカ工房長。

オルヴァー「やれやれ、旧態依然としたこのラボには少々刺激が強すぎたようだ。陛下も存外お人が悪い……、それとも荒療治のおつもりなのかな……」

外を歩く工房長はオルヴァーのことを気に入っていないらしく陰口を叩きながら歩いています。

ガイスカ工房長「若造めが……陛下に取り入ってデカい面をしおって!だが今に見ておれ……あの新型機をベースに時期正式量産機を完成させれば、歴史に残るのはこの儂の名前だ!」

『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

城で話をする国王とディクスゴード公爵。その部屋の扉の前に誰かがいます。

国王「いずこが仕掛けたにせよ放っては置けぬ。クヌート、藍鷹騎士団の指揮を任せる。カザドシュ砦における失態、挽回してみせよ」

ディクスゴード公爵「はっ!必ずや……」

そして扉の前から先ほどの人影はいなくなっています。なにやら意味深なシーンに見えますね。

『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

家族に騎士団長になったことを報告するエルネスティ。こんな若くして騎士団長とは、これは一族の誇りでしょうねぇ。

翌日の学園、親方やエドガーたちもその話題をしています。エドガーは怪我で城までは同行できませんでしたがちゃんと騎士団入りしているようです。

そこにやってきたエルネスティとシルエットギアを着たバトソン。

それを見て驚く親方。従来のシルエットギアは高い魔法能力が必要なためエル、アディ、キッドしか使いこなせなかったのですが、これは小型のマギウスエンジンを搭載しているのだそうです。

親方「小型化したマギウスエンジン!?んなもの、どっから手に入れた?」

エル「国からです!言ったら提供してもらえましたよ」

マギウスエンジンも「エーテルリアクターほどではないが、そうおいそれと支給されるものではない」のだそうです。ナイトスミスにもシルエットギアが扱えるとなると「そいつは仕事が捗りそうだな」と言う親方。

『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

それから「ディクスゴード公爵の命によりカルダトア2個中隊を届けに来た」と新品のカルダトアが学園に配備されます。騎士団の威光はスゴいですね。

「さて、これで完全に後には引けなくなりましたね。全く本当に大変です」というエルはスゴく楽しそうな表情です。

エル「先ほど受け取った陛下からの書簡にはこう記されています。10ヶ月後、ラボ開発の新型機との模擬試合を執り行う(中略)その意気です、シルエットナイトラボラトリーを驚愕せしめる機体を作りましょう!」

『ナイツ&マジック』第6章「Trial & Error」より ©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会

「カザドシュ事変の経験を教訓として今回は速度に秀でた機体を作ろうと思います」というエル。「それを体現する機体がこれです」と設計図を見せます。それぞれが驚いたような、あっけにとられたような表情をします。

今回、新型は手間がかかる機体なので1機のみとして、代わりにオプションワークスを用意するというエル。接近戦用装備とか、遠距離支援装備、とかそういうことでしょうか。

親方たちの仕事ぶりを見ながら「これでエルくんの夢が叶うかもね」というアディ。

エル「そうですね。まだおぼろげにしか見えない、僕の、僕による、僕のためのロボット!今回の新型機もオプションワークスも全てはそのための布石。夢の中では手が届きませんでしたが、これは自分の手でつかみ取ることの出来る現実なのですから!」

次のページに続きます。





広告




広告