タツノコ版アベンジャーズ!?『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」感想




広告

2017年秋アニメ『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」を見ました。

『Inifini-T Force』に登場するヒーローたち

公式サイトよりイントロダクションを引用します。

2017年10月に創立55周年を迎えるアニメ制作会社タツノコプロ。
その長い歴史上で生み出されてきた数多くのキャラクターたちの中で、今なお語り継がれる伝説のヒーローたちがいる。
ガッチャマン――世界征服を目論む悪の組織ギャラクターと戦った、5人の少年少女からなる特殊チーム「科学忍者隊」の頼もしきリーダー。
キャシャーン――人類に反旗を翻したロボット軍・アンドロ軍団から人々を守るため、自らの肉体を捨てて「新造人間」となった孤高の戦士。
ポリマー――正体を隠して探偵事務所に身を置き、街にはびこる悪人たちに正義の鉄槌を下す、「破裏拳」流の使い手。
テッカマン――滅亡の迫る地球から人類を新天地へと導くため、装甲を纏い宇宙からの侵略者ワルダスターに挑んだ「宇宙の騎士」。
平和のために戦った4人のヒーローが、時空を超えて現代の渋谷に集結。その目的は世界と――1人の少女を救うこと。伝説のヒーローたちの新たなる戦いが、いま再びはじまる。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

1枚目が『科学忍者隊ガッチャマン』のガッチャマン。色んなシリーズがありますが最初のテレビアニメは1972年10月から1974年9月まで放送されました。

2枚目が『新造人間キャシャーン』のキャシャーン。最初のテレビアニメは1973年10月から1974年6月まで放送されました。

3枚目は『破裏拳ポリマー』のポリマー。1974年10月から1975年3月まで放送されました。今年の春、2017年5月に実写の劇場版も公開されました。

4枚目は『宇宙の騎士テッカマン』のテッカマン。1975年7月から1975年12月まで放送されました。

私、アニオタ歴も30年を優に超えてますけどさすがにどれもリアルタイムでは見てません。かろうじてガッチャマンだけ、幼少の頃再放送で見たことあるなぁと記憶している程度です。

せっかくなのでこれを機に各作品の最初のシリーズをリメイクしてくれると有り難いんですけどね。それはこの作品の人気次第でしょうか。

第1話「ISOLATED FLOWER」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

渋谷に暮らす女子高生・界堂笑は、高級住宅地の邸宅に一人、裕福ではあるが孤独な生活を送っている。そんなある日、駅前の交差点で突如上空に現れた謎の光に身体を貫かれた笑は、気づくとその手にいつの間にか一本の大振りな鉛筆を握っていた。そして時空を超えて空から降り注ぐ瓦礫の山と、正体不明の戦闘ロボットの群れ。戸惑う彼女を救ったのは、別の世界から来たヒーロー、ガッチャマン、ポリマー、テッカマンの三人であった。

「生か死か、それが問題……でもない」

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

健「見つけたぞ(中略)間違いない、ギャラクターに乗っ取られた原子力空母だ」

健というのはガッチャマンのことです。科学忍者隊では「大鷲の健」と呼ばれています。

乗っていた飛行機が爆破されますが、空中でガッチャマンに変身、敵機を鳥形のブーメランで撃ち落とします。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

空母に着陸したガッチャマン、周りを囲む敵に「なんだお前たちは?ギャラクターの新兵器か?」と言います。

次の瞬間、上空に強烈な青い光が現れます。その光に敵も、そしてガッチャマンも、空母すら吸い上げられていきます。

その光を使う謎の人物の手から杖のようなものをたたき落とすガッチャマン。その衝撃で中に入っている青く光る球体が外に出ます。光が広がったかと思ったら、どこか大都市の上空のような場所に出ました。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

学校で授業を受けるヒロインの笑(えみ)。赤に水玉の入った制服ですか……。なんというか、エロい制服ですね……。もう少しツッコむならそういうお店の制服っぽいです。

英語の授業中、辞書のhope、happy、glad、familyを次々と黒いペンで塗りつぶす笑。ああ、これはこじらせてるヤツですね。

級友が笑の家でハロウィンパーティーをしたいと話していますが「そういうの飽きた」という笑。「思いついたの、新しい遊び」と言ってライダースーツを着ている笑。「死なないでよ」と級友が言いますが「さあ、どうかなぁ」と答える笑。完全にこじらせてますね……。「じゃ、さようなら」と午後の授業をサボって帰る笑。

笑「生か死か、それが問題……でもない。生きてたら、新しい消しゴム、買う」

そう言って渋谷駅前の交差点に信号無視で突っ込む笑。これはイカンやつですよ……。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

鎧探偵事務所で一仕事終えた鎧武士がビール片手にくつろごうとしていると電話が鳴ります。ダミアン・グレイという人物からです。

かなり個性的な格好をした人物、ダミアンと武士はボウリングをしています。「それで、わかりましたか?彼の願い」と聞くダミアン。

腕には自信があるが特別難しい相手だ、と答える武士。「本名不明、通称Z(ゼット)。家族の情報もなし、おまけに調べるたびになぜかジャマが入る」という武士。

「Zは異空間に移動する装置を開発してあらゆる世界を滅ぼし続けています。私が知りたいのは彼がその先に何を願っているのか。それだけです」というダミアン。

なぜ自分に依頼をしたのか、と聞く武士にダミアンは「あなたに正義の心があるからです。そしてもう一つ、あなたもZの被害者だから」と答えるダミアン。

「良く分かったな、ダミー。ここだけの話、オレは元からこの世界にいたわけじゃない。こう見えても元の世界じゃ悪と戦うヒーローだったんだぜ?1年前、オレの前に妙なヤツが現れた。うさんくさい、鬼みたいな野郎だ。オレはそいつと戦っているうちにこの世界に迷い込んじまったんだ。そいつが……ゼット!」という武士。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

雨の渋谷になにやら乗り物のようなものが突然現れます。ブルーアース号でしょうか、となるとこのデータを集めている人物はテッカマンですね。

場面はボウリング場に戻ります。「武士?あなたは自分の世界を取り戻したくはないですか?それは可能です。Zが持つあるものさえ手に入れば……それは持ち主の願いを叶える最強の武器」というダミアン。

「願い、か」とつぶやく武士。「どんな願いをかなえますか?」とダミアンに聞かれ「オレなら、世界中のヤツらと友達になるね」と答える武士。「私もそう願っています」というダミアン、「見かけによらず平和主義なんだな」という武士。

ダミアン「私は案外好きなんです。こういう何気ない楽しい時間が」

裸で情報を集めているテッカマン。「急がねば……全てが消え去る前に……」とつぶやきます。

『Infini-T Force』第1話「ISOLATED FLOWER」より ©タツノコプロ/Infini-T Force製作委員会

翌日。

笑「生か死か、それが問題……でもない。生きてたら、新しい鉛筆、買う」

今度は武士の車の前に飛び出す笑。笑は転倒するもののケガもなかったようです。「鉛筆ゲット」とつぶやく笑。

「おい大丈夫か!?」と駆け寄る武士。無事を確認して「ったく……どこ見てんだよ」という武士に「空」と空を指さし答える笑。武士が見るとそこには妖しい光が現れています。

「危ないぜ、お嬢ちゃん」と笑の手を引く武士。笑は謎の青い光に胸を貫かれます。転倒した武士と笑。「これは……!あのときと同じじゃねぇか」とつぶやく武士。転がった笑の手には大きな鉛筆がありました。

風景が変わり、空からガッチャマンが降ってきます。冒頭のシーンがここに繋がるんですね。

次のページに続きます。





広告




広告