「君と共に導いた解を証明してこよう」『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」感想




広告

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」を見ました。

本記事は、アニメ『THE IDOLM@STER』からアイマスに触れたおじさんが書く感想になりますので、ご了承お願いします。

第5話「先生よ、大志を抱け!」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

予備校主催の受験生応援ステージに出演することになったS.E.M。
ステージで初披露する振付けを完璧なものにするために、トレーニングとして早朝ランニングを取り入れることに。
S.E.Mだけでなく、DRAMATIC STARS、Beit、High×Jokerのメンバーも加わり、一丸となってトレーニングに励むアイドル達。
果たしてS.E.Mのステージは成功するのか──!?

「つまり、ランニングだ!」

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」より © BNEI/PROJECT SideM

予備校で行われる受験生応援ライブに呼ばれたS.E.M。

「Wao、出番firstだって。opening act!」と類。「前座って言うんだよ」と次郎。オープニングアクトと言うとなんだかカッコいいですね。

道夫「披露する楽曲はどうする?」

類「danceもいるよね?」

次郎「あんまり大変じゃないのがいいなぁ……」

プロデューサー「それなんですが……!」

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」より © BNEI/PROJECT SideM

レッスンに移動するHigh×Jokerは「お水、取ってきます!」と慌てて出て行くプロデューサーを見かけます。

覗いてみるとそこには完全に力尽きているS.E.Mの姿がありました。隼人は「薫さん!薫さん!」と助けを呼んでしまいます。

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」より © BNEI/PROJECT SideM

PCで動画を見ているHigh×Joker。「おもしれぇ!」と春名、「メガかわいいッス」と四季、「結構簡単?」と夏来、「いや、単純な振り付けに見えるけどずっと動いてるし大変だと思う」と旬。「先生たち、これやるんですか?」と隼人。

「Yes、でもmore difficultだったよ」と類。「ムリムリ、絶対」という次郎、その次郎に湿布薬を貼る薫。「研究が必要だ」という道夫。

「やっぱり少しやさしくしますか?」と提案するプロデューサー、「でもこれメガ面白いッスよ」と口を挟む四季、「オレも好き、タケノコdance」と類、「オレもう覚えた」とタケノコダンスをする春名。

その様子を見ていた道夫が「やはり今のままでいけないだろうか?」と言います。「彼らの反応を見るに、この振り付けはS.E.Mの目指すアイドル像に適切だと考えられる(中略)ならば我々は最善を尽くす」という道夫。

「そりゃ出来ればいいんですけど、絶対筋肉痛になりますって……」という次郎。「筋肉痛、それは見過ごせないな」とホワイトボードを使ってレクチャーをはじめる道夫。「(前略)つまり、ランニングだ!」ということで体力作りをはじめることになりました。

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」より © BNEI/PROJECT SideM

翌朝、次郎を起こしに行く類。

類「good morning!Mr 山下!」

次郎「全然グッドじゃないよ、何時?」

類「もう5時だよ」

次郎「ご、5時!」

次郎さんの部屋から見える生活感から想像するに5時に起きるなんてあり得ないでしょうね、お気の毒です。

早朝のランニングシーンに登場する牙崎漣と大河タケル。

集まったS.E.Mの元へやってくるプロデューサー、「おはようございます、皆さんおそろいですよ」と言います。

Beit、DRAMATIC STARS、High×Jokerも参加し、早朝ランニングが始まります。

道夫「(前略)ムリのないペースを維持し、まずは20分以上走ることを目標としよう」

早朝ランニングが終わり、1日おきに続けること、S.E.Mはダンスレッスンと交互にランニングをすると道夫が言います。

翌日、筋肉痛で事務所の階段を上るのも一苦労な次郎。道夫も同様に筋肉痛になっていました。

『アイドルマスター SideM』第5話「先生よ、大志を抱け!」より © BNEI/PROJECT SideM

それからも厳しいトレーニングは続いたようです。

「もうムリ、死ぬ」と布団に倒れ込む次郎。「身体能力や生活状態を鑑みてプランを立てたつもりだが……計算しなおそう」と道夫。

そこに「今日はお疲れ!beer持ってきたよ」と類がやってきます。「おつまみもあるよ。枝豆、あたりめ、からむ~っ……」と取り出す類、しかしお菓子は道夫が取り上げます。「アイドルは体が資本。ステージ本番まで糖質を含むビールや菓子類は禁止だ」と道夫はいいます。「ノー!!」と叫ぶ次郎と類。

次のページに続きます。





広告




広告