「たった一日で、連絡先がこんなに増えちゃった」『ひなこのーと』第2話「ここからはじまる」感想

ひなこのーと 第2話より「アイキャッチ」




広告

2017年春アニメ『ひなこのーと』第2話を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります

『ひなこのーと』感想記事-まとめ-

2017.05.20

第2話「ここからはじまる」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

ひととせ荘の大家さんである千秋に、劇団を立ち上げてみようと言われたひな子。そんなことが自分なんかにできるのかと悩む中、千秋になぜ演劇をやりたいのか聞かれたひな子は、演劇部に入りたいと思うようになったきっかけを語り始める。理由を聞いた千秋は、藤宮高校の演劇部は活動再開の目処がたっていないため、やっぱり劇団をやってみようと言う。どんな演劇をやってみようかと話し合う中で、くいなはひな子の動物に好かれる体質を活かして、本物の動物と演劇をするのはどうかと提案するのだが……。

「畑の近くにいて動物たちをおびき寄せてくれると助かるなぁって……」

『ひなこのーと』第2話「ここからはじまる」より © 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

「助かるなぁ」じゃないだろう、っていうツッコミは置いといて……。かかしの代わりにここにいろ、とはだいぶヒドい扱いだと思うのですが……。野菜もらってるからいいのかな?

わが子が地蔵のコスプレして、鳥とお話ナウ

『ひなこのーと』第2話「ここからはじまる」より © 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

ひなちゃんはだいぶ山奥で暮らしているみたいだけど着ているものはだいぶ可愛らしい服が多いですね。お母さんの趣味なのでしょうか。

ママものんきに「ナウ」とか言ってる場合じゃないと思うのですが……。ひな子のお母さんはハンドルネームに「ひなママ」なんですね。しかもアイコンまで作って……。

鳥どころか外ではタヌキ相手にお礼を言う練習もしてるんですよ、お母さん。練習の甲斐あって無事にお礼も言えるようになったようです。

千秋の父は自由な人

『ひなこのーと』第2話「ここからはじまる」より © 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

舞台役者をしていた千秋の父ですが、「父はそのあとギタリストに転向して、アパート経営のかたわら、弾き語りをしながら世界一周してて……、今はマラカス奏者をしているみたい」って、お父さん破天荒すぎッ!やっぱりね、人生に勝つには不動産で不労所得しかないですね……(違)

劇団「ひととせ」結成

『ひなこのーと』第2話「ここからはじまる」より © 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会

小劇団が憧れるステージ、劇場「スズラン」を目指してがんばることにした一同。

ほとんど未経験者ですけどなんだか夢があっていいですねぇ。これからの展開が楽しみです。

OPからEDまで、全てが心地よい

ちょっと脳みそがとろけそうなOPから始まり、頬が緩みっぱなしの本編、そしてカーテンコールなEDと、とにかくこの一連の流れが本当に素晴らしいのです。

私にとって今期一番の癒やしアニメだなぁ……。

リアル版劇団「ひととせ」

公式サイトに”劇団「ひととせ」”のコーナーがあるのをご存じでしょうか?

2017年3月25日結成。TVアニメ「ひなこのーと」メインキャスト6名により、期間限定の演劇ユニット。イベントでの「桃太郎」公演を目標に、日々演技の練習を頑張るキャストたちの姿をお届けします!

キャストの皆さんが早口言葉チャレンジなんかをしている動画が見れますよ。





広告




広告