「わたしたちのこの広い空の物語はまだまだ続きます!」『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」感想

グランブルーファンタジー Extra1より「水着のジータ、ルリア、カタリナ、ロゼッタ、イオ」




広告

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」を見ました。

他の各話の感想は以下にまとめてあります

『グランブルーファンタジー』感想記事-まとめ-

2017.05.21

Extra1「もう一つの空」あらすじ

以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

閉ざされた島・ザンクティンゼル。
その森の奥深くに蒼い髪の少女が倒れていた。
気を失った彼女を見つけ、駆け寄るもうひとりの少女。
これがルリアと、ジータの出会いだった――。
時は流れ、ルリアはグランサイファーの甲板でノートを見つめながらこれまでの旅を思い返す。
ジータの運命を変えた、ザンクティンゼルからの旅立ち。
ポート・ブリーズでのラカムとの出会い、ティアマトとの決戦。
イオと共にコロッサスに立ち向かい、ザカ大公を救ったバルツ公国。
ジータとルリアは数々の島を巡り、新たな仲間と出会ってきた。
そんな彼女達は次に訪れたのは、水の島・アウギュステ。
ジータは仲間達と共に、束の間のバカンスを楽しむことになり……?

「私、ジータっていうの。あなたの名前は?」

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

えーっと、誰だお前!?

Extraとはこういうことですか。ゲームでは主人公の性別を選べるわけですが、その女主人公の方の物語、ということなんですかね。

ジータ「私、ジータっていうの。あなたの名前は?」

ルリア「名前……?……ルリア、ルリアです」

ジータ「ルリア……素敵な名前だね!」

ルリア「これがわたしとジータの出会いでした」

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

騎空挺の甲板の上で洗濯をするジータ、その近くで日記を読むルリア。

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

ルリア「ザンクティンゼルでジータに会って」

ジータ「うん、カタリナさんが助けに来てくれて」

ルリア「バハムートが力を貸してくれました」

ジータ「私たちそれから一緒に星の島を目指して旅立って」

ルリア「ポート・ブリーズに着きました」

ジータ「初めての大きな町とたくさんの人に驚いたなぁ」

ルリア「はい、このノートもここで買ってもらいました」

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

ジータ「そのあとラカムさんと出会って」

ルリア「町と島が大変なことになりましたけど」

ジータ「ラカムさんとグランサイファーでティアマトの暴走を止めに行って」

ルリア「なんとかなりましたね」

ジータ「それで、ラカムさんが仲間になってくれて、騎空団を始めることになって」

ルリア「ジータが団長になりました」

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

ルリア「それからバルツ公国での初めてのお仕事でしたね」

ジータ「うん、そのお仕事でイオちゃんと出会って」

ルリア「イオちゃんと一緒に大公さんを探して」

ジータ「大公様を見つけて」

ルリア「ジータがコロッサスを大人しくさせて」

ジータ「大公様がイオちゃんに叱られて」

ルリア「イオちゃんは私たちの旅に着いてきてくれました」

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

ジータ「そのあとはたくさん仕事の依頼を受けて」

ルリア「ロゼッタさんが一緒にきてくれて」

ジータ「マリーさんが団に加わって」

ルリア「ジェシカさんとゼタさんが一緒にきてくれて」

ジータ「ナルメアさんが着いてきて……」

ルリア「それから、えーと……わわわわー、たくさんの人たちと一緒に旅することになりました」

ジータ「うん、ホントにたくさんになっちゃったね」

途中まではグランと同じ旅だと思っていたのですが、後半は全然違いますね……。グランは途中で出会っただけの人たちもジータは仲間に入れちゃってるんですね。

ゲームにたくさんお金を使っている人たちを『重課金勢』とか『廃課金勢』なんて言い方をしたりしますけど、この物語のジータはまさにそういう人、といったところでしょうか。

『グランブルーファンタジー』Extra1「もう一つの空」より ©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

「すごーい、なにこれ!」というイオ、ジータとルリアも呼ばれイオと一緒に景色を眺めます。

ビィ「これ全部水なのか?」

ルリア「こんなにたくさん、すごいです!」

ジータ「それにすごく青くて綺麗……これが海……」

海といえばグランたちはアウギュステでオイゲンに出会ったり、なんやかんやとありましたが、ジータたちは初めての海なのでしょうか?

船を降りているジータ、ルリア、イオが「ラカムさーん」「カタリナ、ロゼッタさーん」「早く早く-」と呼びます。「こっちはもう少し備品のチェックにかかりそうだ」「ジータは先によろず屋殿のところへ挨拶へいってくれ」「よろしくお願いね」という甲板の上にいるラカム、カタリナ、ロゼッタ。

なるほど、仲間にオイゲンがいなくてロゼッタがいる、そんな世界なんですね。

次のページに続きます。





広告




広告