雪の回『シンデレラガールズ劇場』第24話感想




広告

『シンデレラガールズ劇場』第24話を見ました。

第24話 その1「ぱくっ」

『シンデレラガールズ劇場』第24話より ©BNEI/しんげき

「イルミネーション綺麗ですね、なんだかキャンディーの箱の中に入ってるみたい」とかな子。雪が降ってきて「雪……綺麗……こっちはマシュマロかな?」というかな子。

そんなかな子の口に雪が入ります。何か言うプロデューサー。「はい?さすがマシュマロキャッチ経験者……って違いますよぉ」とかな子。

また何かを言うプロデューサー。「え?キャンディーみたいだからってイルミネーションはつまみ食いするなよ……って、もぉ!私をなんだと思ってるんですか、プロデューサーさん!」と照れながら怒るかな子でした。

このお話はコミックス『シンデレラガールズ劇場』第6巻に収録されている第624話の内容です。

イルミネーションや雪を真っ先にお菓子に例えるあたりがさすがかな子ちゃんですね。

第24話 その2「遠くて近い私の世界」

『シンデレラガールズ劇場』第24話より ©BNEI/しんげき

スノーボールを見つめるアナスタシア。「ああ、プロデューサー。不思議です。北海道に来て……今までとても遠くにいた感じ……ロシアと北海道より遠いところ……」というアナスタシア。

窓の外を見つめ回想するアナスタシア。「プロデューサーが見せてくれた別の世界。だから……アイドルは大変だけど幸せな世界ですね……」とアナスタシアのモノローグ。

「スパシーバ、あ、感謝です……だからプロデューサー……闇に飲まれよ!です」とアナスタシア。

汗をかくプロデューサー、「どうしましたか?ダー……蘭子に教わりましたよ?」というアナスタシアでした。

このお話はコミックス『シンデレラガールズ劇場』第2巻に収録されている第208話の内容です。

アナスタシアと蘭子の仲の良さがうかがえるエピソードですね。アニメ版の『アイドルマスターシンデレラガールズ』の後ですから当然のように見えますが、このエピソードが公開されたのが2013年12月18日なので、初期の頃の仲の良さをうかがわせるエピソードになります。

コミックスの解説には「『輝く世界の魔法』で共演して以降、何かと仲がいいようだ。」と書かれています。『輝く世界の魔法』は第2回シンデレラガール選抜総選挙の上位5名(神崎蘭子、アナスタシア、高垣楓、輿水幸子、渋谷凛)による楽曲でした。

余談ですが、私はこのCDに収録されているNEW GENERATIONSによるドラマパートが大好きです。機会があればぜひ聞いてみて欲しいです。ちなみに、ドラマCD版のNEW GENERATIONSはアニメ版のNEW GENERATIONSとは似て異なるもの、ということはご承知おき下さい。

第24話 その3「手のひらに幸せを」

『シンデレラガールズ劇場』第24話より ©BNEI/しんげき

「あ、プロデューサーさん!初雪ですよ、初雪」と智絵里。手に落ちた雪をジッと見る智絵里。

「見つけました、四つ葉の結晶……見てください、ここ」とプロデューサーに近づく智絵里。しかし、「うわっ近い……」と急に緊張する智絵里。

のぞき込むプロデューサーに「あの……早く見てくださいね、すぐ溶けちゃいますよ……絶対すぐ溶けますから……」と顔を真っ赤にする智絵里でした。

このお話はコミックス『シンデレラガールズ劇場』第2巻に収録されている第196話の内容です。

その3は智絵里ちゃんでした。雪でも四つ葉を探してしまうなんてさすが智絵里ちゃんです。顔を真っ赤にする初々しい智絵里ちゃん、さすがキュートです。

次回予告ではまだまだお菓子に例えまくるかな子ちゃん

「イルミネーション綺麗だなぁ、赤はイチゴたっぷりショートケーキ、紫は皮ごと美味しいブドウのゼリー、黄色はもちもちふんわりパンケーキ……って何考えてるの私ぃ」とかな子。

もう形じゃなくて色の連想ゲームですね……お腹空いてたのかな?

モバマスでは限定アニメが配信中、今回は「お戯れをお嬢様♪」

モバゲーで配信されているゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』では限定アニメが公開されています。今回はシンデレラガールズ劇場 第256話「お戯れをお嬢様♪」です。

コミックス『シンデレラガールズ劇場』第3巻に収録されています。





広告




広告