「この着歴絶対ヤバイやつ……」『シンデレラガールズ劇場』第18話感想

シンデレラガールズ劇場 第18話より「電話お待ちしてます、と微笑むちひろ」




広告

『シンデレラガールズ劇場』第18話を見ました。

第18話 その1「見せます忍法」

『シンデレラガールズ劇場』第18話より ©BNEI/しんげき

水着姿で竹筒を持つあやめ、「え?この竹筒ですか?ふっふっふ、もちろん忍法水遁の……」とプロデューサーに説明しているところに響子がやってきます。

「あ!あやめちゃん、いいもの持ってるね!ちょっと力を借りたいの、一緒にきてくれますか?」と響子は言います。「水遁の術をご所望ですか?参りましょう、ニン!」とあやめ。

「バーベキュー用の炭が火力ちょっと弱くて……」と言う響子。「お安いご用!」と竹筒で空気を吹き込むあやめ。

「やったぁ!火力十分です!」と響子。「ふっふっふ、これぞ忍法水遁の……あ!これ、火遁では!?」というあやめでした。

このお話、原作の設定ではリゾート地だったのですが、そこに竹筒を持って行っているとはさすが忍ドルですね。

このお話はシンデレラガールズ劇場第4巻に収録されている第451話の内容です。

第18話 その2「若さで勝負!?」

『シンデレラガールズ劇場』第18話より ©BNEI/しんげき

「菜々ちゃん、ほーら」と李衣奈、「早く出てくるにゃ」とみく。「うう……でもナナの水着姿は皆さんと比べると少しアレなので……」と木に隠れている菜々。

「そりゃたくみんと比べたら誰だってねぇ」と李衣奈。「たくみチャンのボディは事務所の中でも規格外だし」とミク。ちなみに拓海は「スーツ脱げオラァ!」と言いながらプロデューサーを追いかけてます。

「その分みくたちは溢れる若さで勝負にゃ」とみく。「イエイ!」と李衣奈。「そっ……そうですね!」と青ざめる菜々。

「フレッシュな肌つやでちょっと足りないお色気をカバー」とみく、「若さはロック!ロックは勢い!何も気にしないでバーンと飛びだそうよ!」と李衣奈。

「でででですよねー、ナナたちにはわかさがありますしねー」とますます青くなって震える菜々でした。

李衣奈、みく「菜々ちゃん超足震えてるよ(にゃ)!?」

ゲーム内ではウエストを気にしておへそを出さない菜々ちゃんのおへそが拝めるのは『劇場』だけ、と原作の説明に書かれていました。なのでスクリーンショットもおへそが入るように撮りました。

あとこれも原作の解説より引用ですが、規格外といわれた拓海の3サイズは95-60-87だそうです。

このお話はシンデレラガールズ劇場第5巻に収録されている第551話の内容です。

第18話 その3「ちひろさんから五分置き」

『シンデレラガールズ劇場』第18話より ©BNEI/しんげき

「さー、お待ちかねのスウィーティーな南国アバンチュール、だぞ!はぁとと、ハートの撃ち抜き合戦しよ?ってなんか難しい日本語だな」とはぁと、こと心。そのときプロデューサーの携帯に着信が入ります。

「っておい!携帯だしてまたそれかーい!」と心。しかしプロデューサーは携帯の電源をオフにします。

「え?どんなときも連絡取れるようにしてるプロデューサーが……はぁとのために」と心のモノローグ。

「こらぁ、今のではぁとにズキュン!ファーストポイント取られたぞ!次ははぁとの番ね!スウィーティーなサマー、しちゃうからぁ」とスローモーションになりプロデューサーと浜辺でいちゃつく心。

「数時間後」とナレーション。「うわぁ……、この着歴絶対ヤバイやつ……はぁともフォローすっからはよ電話しなって……」と恐ろしいことになる二人でした。

ちひろ「お電話お待ちしてます……ウフッ!」

「携帯だしてまたそれかーい!」というツッコミは、1期の第4話 その2「とってもスウィーティー…?」と繋がっています。そのときは電話に出たプロデューサーのお陰で一人でお見合いごっこみたいなことをする羽目になっていました。

アイドルのためとはいえ携帯を切るのは後が怖いですね。

このお話はシンデレラガールズ劇場第7巻に収録されている第750話の内容です。

次回予告で火遁の術でもないことに気づいたあやめ!

「どうしよう、また火が弱くなっちゃいました」と響子。「ニンニン、わたくしにお任せください!忍法火遁の術!フー」とあやめ。「やったぁ!」と響子、「これぞ忍法火遁の……あぁ!これって風遁では!?」と気づくあやめでした。

うーん、そうですね……たぶん風遁でもないでしょうね。強いて言うなら……火加減の術?

ということで水着回のシンデレラガールズ劇場第18話でした。水着回は1期の第2話以来2回目です。やっぱりアイドルと言えば水着ですね!

モバマスでは限定アニメが配信中、今回は「心の声を伝えよう」

モバゲーで配信されているゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』では限定アニメが公開されています。今回はシンデレラガールズ劇場 第478話「心の声を伝えよう」です。シンデレラガールズ劇場第4巻に収録されています。





広告




広告