シンデレラガールズ5thライブツアーSSA公演DAY2 -キャストによる感想まとめ-

シンデレラガールズ5thライブツアーセレンディピティパレードロゴ




広告

ダンサーさんの感想(続き)

関係者の感想

JUNGOさんの感想

メディアによるライブレポート

ファミ通.com

電撃オンライン

Gamer

マイナビニュース

CNET Japan

4Gamer

一升瓶の感想

DAY1の感想と同様、ライブ直後のツイートは語彙力が0になっています。お恥ずかしい限りです。

オープニングのテーマ曲に合わせてフラッグを持って入場するシーンで、ライティングされるFINALという文字。そして、どの曲もツアー最後なんですが公演中も何度か1曲目に歌われた、本公演1曲目のShine!!。この1曲目Shine!!も最後か、と思うとまた涙が浮かびました。

最初のMC、自己紹介で一番驚いたのは竹達彩奈さんの、その見事な輿水幸子ヘアーでした。可愛い、可愛すぎます!これぞまさに「カワイイボクが見られて幸せですね」です!ホントにありがとうしかありません。

自己紹介MCが終わりソロの1曲目は、赤崎千夏さんの歌う『熱血乙女A』でした。1stライブ以来ですね。1stの初日に歌っていた姿、今でも覚えています。私は1stは楓さんが出演する2日目の昼に現地で参戦、初日は幕張かどこかでライブビューイング参戦していたと思います。

中盤に話は飛んでしまうのですが、ツイートにも書いた『リトルリドル』。スターライトステージで2017年6月30日から7月9日まで行われていたイベントの曲です。SSA公演DAY1の『Kawaii make MY day!』もそうですが、終わってすぐのイベントの曲がフルで聴ける喜びがありますね。音源化されるのも非常に楽しみです。

『One Life』、この歌詞がスゴく好きです。ベタといえばベタなんですけど、そこがいいですよね!そして千菅春香さんが歌う『One Life』はホントカッコイイなぁと思って毎回聞いています。MCになって、トークに千菅春香さん自身の顔が出ると、松永涼として歌っているときとはまた違う彼女の魅力が出るところも好きです。

『Treasure☆』、デレラジのOP、デレパのEDでおなじみの曲です。なのでデレラジやデレパ、あるいはその両方でやるイベントでしか歌わないのかなぁ、なんて思っていたのですが満を持しての披露でした。ラジオで聞いたときはムダに壮大なテーマのある曲でちょっと笑ってしまったのですが、ライブで披露、となると別の感情がわき上がり、途中でどういうワケか涙ぐみながら聞いていました。この曲の壮大なテーマがこれまでのセレンディピティパレードの歩みと相まって、ものすごい感動になって湧き上がってきた、とそんな感じでした。

『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Treasure☆』バージョンによるセリフの違い

2017.03.24

そしてDAY1でも最高に盛り上がったDJぴにゃのセレンディピティメドレー。私が特に好きだったのが、ギャル友達が歌う『Radio Happy』、ヤンキーが歌う『Can’t Stop!!』、お嫁さんにしたいアイドルNo.1による『エヴリデイドリーム』、ブルーナポレオンによる『Nation Blue』、そしてやっぱりnew generationsによる『Trancing Pulse』でしょうか。あとはDAY1の感想にも書きましたが、アニメのBDの特典CDに収録されていたアレンジバージョン、『風色メロディ ~For Mio rearrange Mix~』と『ましゅまろ☆キッス ~For Riina rearranged Mix~』もライブで聞けると思っていなかった曲だったのでスゴく盛り上がりました。種崎敦美さんと見つめ合うDJぴにゃはホントヤバかったです。DJぴにゃ、曲は始まってからずっと響子ちゃんを見つめてるから爆笑してしまいました。

そして最終パートは怒濤のラインナップ。『∀NSWER』で熱く盛り上がり、続いて『Jet to the Future』で腕が真っ赤になるほどクラップし、次が待ちに待った、初めて全員集合したピンクチェックスクールの『ラブレター』。ありがとう!PCS!と泣き、次がポジティブパッションの『情熱ファンファンファーレ』。こちらも待ちに待ったポジティブパッションそろい踏みです、いや待ちに待ったのは楽曲の方かも知れませんが。

『情熱ファンファンファーレ』はコールもホントに楽しい盛り上がる曲です。フルで聞くのは初めてですが、とにかく楽しくてポジティブパッションらしい、素晴らしい曲でした。

続いてLiPPSの『Tulip』。LiPPSもメンバー勢揃いです。デレステで出たユニットの中でもLiPPSはスゴく人気があるユニットだと思うのです。私もLiPPS大好きです。『Tulip』が始まった瞬間のあの絶叫!みんなが待ちわびていた一曲だったと思います。

すっかり盛り上がり曲の定番となってきている『純情Midnight伝説』。4thライブの神戸初日に安野希世乃さんがシークレットゲストとして出演されたことで1度全員揃ったことがあるので、炎陣は2回目の集結、となりました。やはりオリジナルメンバーで歌われる『純情Midnight伝説』、最高じゃないですか!

こちらも盛り上がり曲の定番となりつつある『サマカニ!!』。サマプリもついに勢揃いしての披露でした。もちろん今まで披露された『サマカニ!!』だってものすごい盛り上がりだったのですが、この日の『サマカニ!!』は過去にないほどの最高の盛り上がりでした。

そしてアンコール前最後の曲『夢色ハーモニー』が始まります。ああ、いよいよパレードも終わりか……とまた目に涙が浮かびます。

アンコールの前にちひろさんから業務連絡という名の発表事項が上映されます。そこで発表された6thライブ『単独ドーム公演』。「うおおおお!」って叫んだ後、もう嗚咽を漏らしながら泣きました。今まで私が文章で書いていた大号泣なんてただただ涙が溢れ出てただけです。この嗚咽を漏らしながら止めどなく次々と涙が溢れ出ていた、このときこそが大号泣でした。

そのあとアンコールで『EVERMORE』、『M@GIC☆』が歌われましたが、そのどの歌詞を聴いても「6thライブはついに単独ドーム公演かよ……」というところに結びつき、また思い出したかのように大号泣です。もちろん嗚咽が付いているヤツです。この瞬間はただただ大号泣おじさんでした。

そして最後の『お願いシンデレラ』が終わり、出演者たちが引き上げたステージ上にはセレンディピティパレードの象徴であったフラッグが残っていました。それを見て「そうか、セレンディピティパレードはここが最後だから旗は持って戻らなくていいのか」と気づきました。ドーム公演の衝撃ですっかり忘れていたのですが、今セレンディピティパレードが終わってしまったのでした。私はステージに残るフラッグを見て、また少し涙しました。

妻にムリに頼み込み、大阪公演は現地、それ以外の公演はライブビューイング、さいたまスーパーアリーナ以外は初日のみの参戦でしたが、宮城、石川、大阪、静岡、幕張、福岡、そしてさいたまスーパーアリーナと全ての公演を見てきました。

ライブビューイングの後は、飲みに行き、飲むのは私だけですが、そして妻とライブの感想を言い合いました。毎回本当に楽しかったです。そんな、田舎に住む夫婦にも楽しい思い出ができたセレンディピティパレードでした。本当にありがとうございました。イエス、セレンディピティパレード!イエス!





広告




広告