『アイカツフレンズ!』第11話「告白はドラマチック!」感想




広告

 『アイカツフレンズ!』第11話「告白はドラマチック!」を見ました。

第11話「告白はドラマチック!」あらすじ

 以下、公式サイトよりあらすじを引用します。

遂にみおはあいねとフレンズ結成のための行動に出る。
憧れは、もはや伝説となっている『ラブミーティア』結成秘話のようなドラマチックすぎるシチュエーション。あいねに話すタイミングをうかがっていると、名古屋から来たアイドル海老原なこと何やら親密そうにしており――?

「二人ともすっごく楽しそう!フレンズっていいな!」

『アイカツフレンズ!』第11話「告白はドラマチック!」より ©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

 みおとあいねにハニーキャットの決めポーズを見せている舞花とエマ。「フレンズ組もうってなったら二人で盛り上がっちゃって、コンセプトとか1から作り上げてくのってワクワクするよね」と興奮気味に話すエマ。「あの決めポーズはちょっと恥ずいんですけど……」という舞花。「えぇ!舞花だってノリノリで考えてたじゃん!」とエマ、「あのときは……エマとフレンズ組めたからテンション上がっちゃって……」と舞花。「うんうん、可愛いヤツめ!」と舞花に抱きつくエマ。その様子を見て「二人ともすっごく楽しそう!フレンズっていいな!」というあいね。そんなあいねを見つめるみお。

 「あいね、わたしとフレンズになりましょう」、スマホの画面のあいねに向かってそう練習するみお。「わたしの直感があいねとフレンズを組めばスゴいことが起きるってビビッと訴えかけてる……あとは、ドラマチックな展開あってのフレンズ結成ね」というみお。

 「そう、ラブミーティアの二人みたいに!」とラブミーティア物語ダイヤモンドフレンズ編第1巻と書かれた大きくて分厚い本を手にするみお。それによるとラブミーティアは、カレンがアメリカに渡る直前にミライが「アメリカになんて行かせない……カレンを一番輝かせることができるのは……わたしなんだから!」と引き留め、「はい、知ってました」と答えたカレン、こうして二人はラブミーティアを結成したと書かれていて、それは「アイカツ界における神話とすらなっている!」というみお。「ずっと憧れていた……!わたしもフレンズを組むならこんな風にドラマチックにって!」とみお。

『アイカツフレンズ!』第11話「告白はドラマチック!」より ©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

 ココちゃんにドラマチックな告白について聞くみお。ココちゃんが「最高にドラマチックな告白が出来る場所を見つけたよ!」と提案した場所、それを見て「うん、これよ!」というみお。

 あいねを遊びに行こうと誘うみお。しかしその日は、あいねがブランド選びの時に友達になった、名古屋アイカツをするなこちゃんが遊びに来る予定が入っていました。なこはあいねに会って相談がしたいと言っています。「相談って……まさか?」と思うみお。「なこちゃんとわたしたち3人で遊びに行こうよ!」というあいね、「ううん、相談があるなら二人の方がいいでしょ?」というみお。

 東京にやって来たなこはあいねと再会します。その様子をこっそりと見ているみお。「わざわざこっちに来てまで相談したいことって……あいねとフレンズを組みたいってことなんじゃ……?」と思っているみお。

 次のページに続きます。





広告




広告