『アイカツフレンズ!』第10話「プリティー☆セクシー★ハニーキャット!」感想




広告

「そうかな?わたしはきっと二人なら上手くいくと思うな」

『アイカツフレンズ!』第10話「プリティー☆セクシー★ハニーキャット!」より ©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

 翌日の収録、楽しそうにバンジージャンプをするエマ。それに対して怖くて飛べない舞花。下で「大丈夫、きっと飛べる!だってわたしは知ってるもん。怖いって思えば思うほど目を大きく開いてチャレンジしてきた舞花のこと!」というエマ。「ムリだって……わたしはエマとは違うのよ……」という舞花。

 動物とふれあうロケをする二人。顔を青くしているエマ。エマは小さい動物が苦手で触れないようです。「出来る!これまでだってどれだけ怖くても力一杯ぶつかって乗り越えてきたじゃない!」という舞花、「出来ないって。だってわたしは舞花とは違うんだよ……」というエマ。

 無事撮影は終わったものの気まずくなってしまう二人。「ひょっとしたら舞花なのかもって思ったけど……」「もしかしたらエマなのかもと思ったけれど……」と思う二人。そこに「すごーい!きゅわぱわガーリーズショーだって」と言っている少女の声が聞こえてきます。ココちゃんによるときゅわぱわガーリーズは今小さな女の子たちの間で人気の正義のヒロインなのだそうです。「ガーリーキャットとガーリーハニー、ぴったり息の合った二人で地球のオシャレを守るんだ」というココちゃん。「ピッタリ息の合った……」「二人……」とお互いを見るエマと舞花。

『アイカツフレンズ!』第10話「プリティー☆セクシー★ハニーキャット!」より ©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

 このきゅわぱわガーリーズのキャストが渋滞で間に合わないから代わりに出て欲しいとエマ、舞花に頼むオーナー。「確かにわたしもエマも舞台の仕事の経験はありますが……」と舞花。そこにあいねからエマに電話がかかっています。

 「ドリパでお泊まり、どんな感じかなぁって気になっちゃって」というあいね。きゅわぱわガーリーズの代役の話をする二人。「でも、わたしたちじゃきっとみんなをがっかりさせちゃう」という舞花、「どうして?」と聞くあいね。「きゅわぱわガーリーズは息のピッタリ合った二人」とエマ、「でもわたしとエマは……」と舞花。「確かに……二人の個性は正反対」とみお、「そうかな?わたしはきっと二人なら上手くいくと思うな」というあいね。「だって、すっごく楽しみにしてるみんなを放っとけないって気持ちは一緒でしょ?そしてたくさんの人に笑顔をプレゼントできるアイカツが大好きだって想いも!」とあいね、顔を見合わせるエマと舞花。「うん、そだね」とエマ、「やってみよう、二人で!」と舞花。二人をやる気にさせたあいねのことを見つめるみお。

 ステージに出演するエマと舞花。しかし練習時間が足りず決めポーズも決まりません。「なんだかポーズがいつもと違う……」「そろってない……」という小さい女の子たち。しかし短い練習時間にも関わらず見事にステージを盛り上げる二人。「息ピッタリじゃなかったけどすごく素敵!」「バラバラなところがとても面白かった!」と喜ぶ小さい女の子たち。

 負けられないラクロスの試合に挑むエマ。「もし負けたらどうしよう……怖くて怖くて仕方がない……でも!」と小さい動物を前に舞花が言った「これまでだってどれだけ怖くても力一杯ぶつかって乗り越えてきたじゃない!」という言葉を思い出し笑顔になるエマ。

 プレミアムレアドレスのモデル選抜オーディションに挑む舞花。「緊張で胸が張り裂けそう……けれど」とバンジージャンプを怖がる舞花にエマが言った「だってわたしは知ってるもん。怖いって思えば思うほど目を大きく開いてチャレンジしてきた舞花のこと!」という言葉を思い出し笑顔になる舞花。

エマ「そうだ……わたしは彼女じゃない。でも!」

舞花「彼女はわたしじゃない……だからこそ!

エマ「一緒に歩みたいのは……!」

舞花「走りたいのは……!」

 無事オーディションの合格し新プレミアムレアドレスを手にした舞花。お披露目ステージに挑みます。

『アイカツフレンズ!』第10話「プリティー☆セクシー★ハニーキャット!」より ©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

舞花「わたしのフェスの幕が開く!」

 そしてエマも大事な試合に無事勝利します。エマを待つあいね、みお、舞花の3人。エマの前に歩み出る舞花。「キャットハニーはどう?」と聞く舞花、「いいや、ハニーキャットじゃなきゃ!」と答えるエマ。「それってひょっとして?」と聞くみお、「わたしたちのフレンズ名!」と答えるエマと舞花。「じゃあエマちゃんと舞花ちゃん、フレンズを組むって決めたんだ!」とあいね。「わたしだってこうしちゃいられない!よーし、ちょっと走ってくる!」と駆け出すあいね。「で、みおは?」と聞く舞花、「決めた?誰とフレンズを組むか……」とエマ。走るあいねの後ろ姿をじっと見つめるみおなのでした。

ハニーキャット誕生!お互いの個性が違うからこそ輝ける!

 無事エマと舞花のフレンズ『ハニーキャット』が誕生しました。きゅわぱわガーリーズの主人公から取った名前……ということでいいのでしょうか。二人の相性の良さを見抜くあいねの目は流石友達100万人を目指すだけある……と言ったところでしょうか。一人一人をよく見ているんですね。

 プレミアムレアドレスを手にして舞花がステージに立ちました。舞花のモデルはステージ映えしますね。スゴくカッコイイステージでした。この格好良さ、なかなか静止画では伝わらないと思うのですが……炎の演出もあって正に燃えるようなステージでした。

 次回予告ではいよいよみおが、あいねとフレンズになることを申し出るようですが……サブタイトル「告白はドラマチック!」って一体どんなお話になるのでしょうか……?次回も非常に楽しみです!





広告




広告